次世代のグランジスター“w.o.d.” 東阪で初の自主企画開催決定

SPICE

2018/11/9 19:56


9月に1stアルバム『webbing off duckling』を発売したw.o.d.が、初の自主企画を東京・大阪で開催することが決定した。

1月22日(火) 大阪・心斎橋Pangeaには、The Suspended 4thと1バンド。1月25日(金) 東京・下北沢 近松には、ニトロデイとNo busesの出演が決定している。大阪公演に出演するもう1組は、近日発表とのこと。

w.o.d.とは…


7月3日、渋谷・WWWで開催された“次ロッ研 presents「第二回研究発表会」”。次世代ロック研究開発室がプッシュするバンド/アーティスト4組が出演したショーケースだ。その幕間に流れた「Fullface」のMVで、僕はw.o.d.を知った。

ライヴはどれもよかったのだが、正直、この2分半のインパクトが最大だった。
今どきグランジかよ!
こいつら何者だ?
どういうつもりだ?
脳内に無数の「!」と「?」が浮かぶが、本気であることだけは確実にわかった。

バンド名を冠した初めてのアルバム『webbing off duckling』を聴いて、その印象はさらに強まった。ザクザクとささくれたギター、引きずるようなベース、力強いドラムス。その音の隙間に、60年代後半から90年代前半までのロックの匂いが充満する。

最初に連想したのはニルヴァーナで、次がレッド・ツェッペリン。人懐っこいメロディと歌声からはブランキー・ジェット・シティも思い出した。四字熟語と曜日づくしが古風な「Wednesday」、音を揃えた言葉選びが楽しい「lala」、ニルヴァーナ(?)との出会いを綴った「みみなり」あたりの素直な歌心は、そう得られるものではない。一曲一曲が短く、言いたいことだけ言ってサッと終わる無愛想さも好ましい。

先日初めてライヴを見たが、出囃子がヴァニラ・ファッジの「涙の乗車券」という時点で不穏だった。サイトウタクヤはギターをかき鳴らしながら気怠げな歌と刺すようなシャウトを往来し、Ken Mackayはベースを頑固にピックで責める。中島元良は泣きそうな顔でドラムセットに殴りかかる。あらゆる音がデカくて重くて、歪み震えている。

小柄で華奢で、鋭利なナイフのようなサイトウと、大柄で重量のあるハンマーみたいなMackayのコントラストが抜群に色っぽい。無表情で不機嫌なのもいい。不可解であることはいつだって魅力的だ。目が離せなくなる。

少なくとも表面的には2018年感は皆無だが、それがどうした。「今、ここ」に満足しないからこそ、イマジネーションは過去へ、未来へ、海外へ、宇宙へと飛翔する。流行に背を向けて自分を貫くやつらの中からしか、希望の星は登場しない。条件は本気であることと、色気があること。その二つともw.o.d.は満たしている。

耳が痛み、目はステージに釘づけになり、心が浮き立ち、体が熱くなる。そんなロックに出会えた喜びで、僕は胸がいっぱいだ。彼らの冒険を見届けたい。

文=高岡洋詞(フリー編集者/ライター)

あなたにおすすめ