婚活女性ら200名に「高額ジュエリー」契約 恋愛感情につけ込む卑劣な行為に怒号

しらべぇ

2018/11/9 19:00

(dani3315/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
9日、警視庁生活経済課は婚活アプリで出会った女性に高額ジュエリー(宝飾品)を買わせたとして、板橋区の派遣社員の男(34)ら男女4人を特定商取引法違反(目的隠匿型誘引行為など)の容疑で逮捕したと発表した。

婚活女性の恋愛感情を利用した「デート商法」の実態に、ネット上では怒りの声が相次いでいる。

■婚活女性らから9000万円以上の契約


毎日新聞」によると、逮捕容疑は今年1月から5月にかけて。宝飾品の購入を勧誘する目的であることを隠し、アプリで知り合った美容師の女性(23)ら3人を「自分がデザインしたジュエリーを見てほしい」と、自身が経営する宝飾店に誘導。

「80万円だが半額にする」などとネックレスを購入させたもの、商品が届かないケースもあったという。警察によると、被害は約200人で約9000万円にのぼるとみられているということで、購入するまで帰してもらえない人や、消費者金融でローンを組まされたケースもあったとのことだ。

■怒りの声が相次ぐ


この報道に対し、ネット上では怒りの声が相次ぐことに。

・娑婆には良く、次から次へと悪い事を思いつく野郎どもが居るもんだ

・あああ、マッチングアプリやばたにえん…

・デート商法とか昭和か!!と思ったけど、昭和のこういうの知らんからみんな引っかかるのか。

・目を光らせている仲人おばさんがいない「婚活アプリ」は手軽な反面こんなリスクも

■悪質な「投資」などの危険性も…


また、ツイッター上では今回のようなデート商法だけでなく、あやしい投資や、新興宗教の勧誘などに遭遇するケースもあるとの指摘が。

・これマジで多いので気をつけてください。投資ワンルームマンション販売営業マンも紛れてます

・新興宗教の勧誘とか、あやしいビジネスの勧誘もよく聞くしねえ

■婚活中にイラっとしたことがある?


しらべぇ編集部では以前、全国の20代~60代の婚活経験者249名に、婚活についての意識調査を実施。その結果、「婚活中にイラっとしたことがある」と答えた人は36.1%だった。



しかし、騙してくる相手に出会ったという人は、なかなかいないのではないか。

普段の生活では出会うことができない人と、接点を持つことができるマッチングアプリ。しかし、いいことばかりではなく、リスクもあることを理解しておくべきだろう。

・合わせて読みたい→30代と偽り70歳おじいちゃんが婚活詐欺 320万円巻き上げた実態に驚愕の声

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の婚活経験者249名(有効回答数)

あなたにおすすめ