激しい雨や雷雨の範囲 北日本へ

日直予報士

2018/11/9 18:32

9日の夜は東日本で、10日にかけては北日本で、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。激しい雨や落雷などに注意が必要です。

●9日は東海で非常に激しい雨の所も

9日は、低気圧からのびる寒冷前線が西日本を通過しました。寒冷前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだため、大気の状態が不安定となり、東海地方では非常に激しい雨の降った所がありました。
■1時間降水量の最大値
三重県紀北町紀伊長島(キイナガシマ):73.5ミリ(~11:00)
三重県志摩市阿児(アゴ):56.0ミリ(~12:44)
(ともに11月の1位の値を更新)

●10日にかけて東・北日本で不安定

寒冷前線は、10日にかけて、東日本から北日本を通過する見込みです。東日本では9日の夜遅くにかけて、北日本では10日の明け方にかけて、激しい雨や雷雨となる所があるでしょう。
局地的な激しい雨や落雷、突風などに注意が必要です。

●明日10日は西から天気回復

10日は、寒冷前線が通過し、大陸からは高気圧が張り出す見込みです。このため、西から天気は回復するでしょう。九州から東北では、午前中から広い範囲で晴れる見込みです。北海道も、午後は次第に日が差すでしょう。最高気温は、西日本は9日と同じくらいとなりそうです。東日本と北日本は太平洋側を中心に、9日より高くなる所が多いでしょう。空気は乾燥する所が多く、日中は過ごしやすく感じられそうです。

あなたにおすすめ