AUTECHブルーのボディカラーに込められたのは「伝統」と「革新」【セレナAUTECH&ノートAUTECH試乗】

clicccar

2018/11/9 18:33


鮮やかな色は大好きだ。だから、今の僕の愛車の色はブルー。これまで自分で買った3台の新車のうち2台がブルーなのだから、よく考えてみたらボクは青いクルマが好きみたいだ。

しかしながら、日本でもっとも人気のあるボディカラーは白らしい。ある塗料メーカーの統計によると、人気ナンバーワンは「白」。そして2番目は「黒」なのだとか。これは世界的に見てもおなじ傾向で、「白」と「黒」だけで道を走る車両の約半数を超えるというからちょっと凄い。ちなみに日本でも世界でも、僕の好きなブルー(青系)は7%程しかないというからなんだかさみしい。

たしかに、白とか黒の無難なカラーも悪くない。でも、どうせならもっと鮮やかな色を楽しんでみるのもアリじゃないだろうか。赤やグリーンもいいけれど、空や海をイメージさせるブルーだってとても素敵なカラーだ。
そんなブルーをイメージカラーにしているのが日産セレナとノートをベースにしたオーテックジャパンのコンプリートカーである「セレナAUTECH」と「ノートAUTECH」。どちらも標準モデルでは選べないAUTECHだけの特別な色として「AUTECHブルー」を用意、イメージカラーとしているのだから青好きとしてはスルー出来るわけがない。そこで今回、AUTECHブルーに塗られたセレナAUTECHとノートAUTECHで彼女とドライブに出かけた。

セレナAUTECHとノートAUTECHは、日産の関連会社であるオーテックジャパンが手掛ける特別なモデルだ。普通のセレナやノートと同様に全国の日産ディーラーで購入できるけれど、標準車よりもひときわレベルの高い上質さを狙った仕様なのだという。特別に仕立てられたエクステリア、ブルーをコーディネートしてシートに上質な素材を使ったインテリア、そしてボディカラーとして特別なブルーを選ぶことができるというのがその基本メニューだ。

たとえばセレナAUTECHは、エクステリアに専用のフロントグリルやフロントプロテクター、サイドシルプロテクターなどを装着。メタル調フィニッシュのドアミラーや車体下部のアクセントが、大人の上質さを感じさせる。

インテリアはシートの表面やダッシュボードの表面が肌触りのいいスエード調素材(セレナAUTECHではオプションで本革も選べる)になり、それらやステアリングホイールにブルーのステッチを入れることで標準仕様のセレナよりも大人な印象。セレナだけどセレナじゃない。そんな表現も決してオーバーではない上質な仕上げは、一緒にドライブに出かけた彼女にもきっと好印象を残すだろう。

ノートAUTECHも同様に、メタル調フィニッシュのパーツを配した専用のエクステリアに、ブルーを加えたインテリアをコーディネート。こちらはコンパクトカーとは思えないクラスを超えた上質感を楽しめる。

ちなみにオーテックジャパン社は「GT-R NISMO」や「NOTE NISMO」などカタログモデルとして用意されているコンプリートカーの企画、開発、製造を担い、過去には国内最高峰のレース「SUPER GT」に参戦するGT-Rのエンジン開発にも携わっていた。日産本体ではなかなかできない、より細かいニーズにも応えられるが強みの会社である。いわば職人集団であり、セレナAUTECHとノートAUTECHのクオリティの高さはそんな背景に裏打ちされているというわけだ。

さて、話しはそのボディカラーの「特別なブルー」だった。セレナAUTECHは9色、ノートAUTECHは8色とどちらも多くのボディカラーをラインナップしているのだが、注目はAUTECH専用色のブルーだ。セレナAUTECHには「カスピアンブルー」、ノートAUTECHには「オーロラフレアブルーパール」という『青い』ボディカラーが用意され、いずれも普通のセレナやノートでは選べないAUTECHだけの専用色。ブルーはまさに「特別なクルマにふさわしい特別な色」なのだ。

どうしてブルーにこだわるのか?
そこには2つの意味が込められている、とオーテックジャパンから教えてもらった。ひとつは「伝統」、そしてもうひとつは「革新」だ。

マニアックな話だが、A31型セフィーロのオーテックバージョンなど同社の初期のカスタムカーには、同社の創設者でもあり、1960年代から80年代にかけて長きにわたってスカイラインの開発責任者を務めていた櫻井眞一郎氏もデザインに大きく関与したと言われているバッジが備わっている。この「Autech JAPAN」のバッジに、ブルーが添えられていた。

ブルーをデザインした理由は、オーテックジャパンの本拠地である茅ケ崎・湘南の海と空、そして水たまりに写った紫陽花など湘南エリアから感じる青をモチーフにしているからなのだという。湘南の青なのだ。そしてこれが「伝統」、そして伝統にもとづく「湘南」という地域性である。

もうひとつの「革新」とは何か?
実は日本において青という色は古来より素材として高貴かつ希少性のある色で再現が難しく、この色が作り出せるようになったのはとても革新的なことだったという。そんな背景もあって今日においても、青は先進性を表現するイメージを持った色になっている。
だからクラスを超えた上質さで革新的な特別感を備えたセレナAUTECHやノートAUTECHに、イメージカラーとしてブルーが使われているというわけだ。

ところでセレナAUTECHやノートAUTECHのブルーに接して印象的なのは、とても深みがあることだ。ブルーにもいろんな青があるけれど、AUTECHのブルーはとても奥行きがあり、夜明けの深い海や透明感のある青空を感じさせる。

そんなブルーは、街の風景にもよく似合うし、彼女の美しさも引き立ててくれる。もしセレナやノートを買おうとしているのなら、特別なブルーが用意されたセレナAUTECHやノートAUTECHは魅力的な選択肢だ。だって、鮮やかな色のクルマを持つと、彩のある生活を送れるような気分にさせてくれるのだから。
ランチは横浜ベイホテル東急内にあるレストラン「クイーン・アリス」。 「プリフィックスランチコース」は1人分4,800円(税金・サービス料込み/飲み物別)

ところで、なかには「プレミアム感」だけでは物足りずスポーティな走りや先進性を求める人も多くいるだろう。
セレナAUTECHやノートAUTECHはそんなニーズにも応えてくれるのだから話がはやい。スポーティな走りを求める人には車体を補強したうえで操縦安定性を重視したサスペンションとひとまわり大きなタイヤ&ホイールを組み込んだ「SPORTS SPEC」、先進性を求める人はモーターを駆動力として燃費を向上しつつ爽快な加速感が味わえる「e-POWER」を選ぶといいだろう。

(文:工藤貴宏/モデル:太田麻美/写真:ダン・アオキ/撮影協力:横浜ベイホテル東急)

【関連リンク】
横浜ベイホテル東急 フランス料理「クイーン・アリス」
https://ybht.co.jp/restaurant/queen_alice.php

あなたにおすすめ