【勝ったな】池袋にオープンする「エヴァンゲリオン酒場」の価格設定が良心的すぎる件



前からずーーーっと思ってたんだけど、よくある人気作品のコラボカフェって、メニューがバカみたいに高いよな。ただのソフトドリンクが600円って舐めてんのかコラ!

その点、2018年11月16日から東京・池袋に期間限定オープンする「エヴァンゲリオン酒場」はすげえよ。だってアルコール1杯390円だもん。チェーンの居酒屋かよ。

・エヴァ居酒屋がオープン
来週オープンする「エヴァンゲリオン酒場」、そのコンセプトは “大衆居酒屋” だ。ネルフカラーの赤を使用した暖簾と提灯が目印となっており、30品以上の食事とドリンクが用意されるという。

・メニュー名がヤバイ
注目すべきは、なんといっても名台詞や名シーンをもじったメニュー名である。例えば「序・破・Q も・ろ・キュウ(税抜290円)」「ゲンドウ豆のさつま揚げ(税抜390円)」……ってただのダジャレじゃねえか!

気を取り直し、メニューをもう少し見てみよう。「『あんた、バタぁ?』アスカのコーンバター(税抜390円)」「エイヒ・レイ(税抜390円)」。お、おう……。

続いて「碇シンジの碇ングフライ(税抜490円)」に「見知らぬ、天丼(税抜650円)」……だめだこいつらアホすぎる。ていうか「エイヒ・レイ」のクオリティの低さどうなってんだよ! それにひきかえ「見知らぬ、天丼」はちょっと上手いな!! そして、コラボ飲食店とは思えないほど安い!

・リーズナブルすぎる
極めつけはアルコールである。「初号機ベリーサワー」だの「2号機ハイボール」だの居酒屋チックなドリンクが並ぶが、そのどれもが税抜390円なのだ。これ普通だったら1000円近くするだろ。ここは本当に「エヴァンゲリオン酒場」なのだろうか?

それだけではないぞ。店内では録り下ろしの「高橋洋子の居酒屋ラジオ」なる放送がかかるんだとか。何その誰かが大喜利で考えたみたいな企画。

・行かなくちゃダメだ
こんな具合にいい意味で力の抜けた「エヴァンゲリオン酒場」は、池袋「46食堂」にて11月16日からオープンだ。公式サイトには上記以外のメニューも掲載されているので要チェック!

参照元:エヴァンゲリオン酒場
執筆:あひるねこ
(C)カラー

画像をもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ