今井美樹「家族旅行の写真は宝物…」、思い出の大切さを実感

TOKYO FM+

2018/11/9 18:00

歌手で女優の今井美樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents LOVE UNITED」。この番組では、10年後、100年後にも歌い継がれ、人々の心に響く愛を歌った“LOVE SONG”の数々を紹介しています。9月の放送では、リスナーからのメッセージに答えて、家族にまつわるエピソードをお届けしました。


今井美樹

◆“家族旅行”の写真は大切な宝物…
この日の放送では、33歳の男性からのお便りを紹介。毎年、夏には家族旅行を楽しむという一家が、小学生の子ども2人を連れて今年向かったのは沖縄。「あと何年、一緒に家族旅行ができるか分からないので、娘たちの笑顔をたくさん写真に収めてきました」という話に、今井は「1年に1回、夏に家族で旅行するのを目標に、一生懸命仕事や勉強をして、また来年の夏の旅行のために頑張る。そういうのって、すごく頑張りがいがありますよね」と共感します。今井も、娘が小さい頃から夏休みだけは時間を取って、家族旅行を計画したのだとか。「家族旅行の写真は宝物。ついこの間も、夫と2人でいろんな写真を見つけて“懐かしいね”と見ていたところです」と話します。続けて「あと何年、一緒に家族旅行に行けるのやら……。今のうちに、たくさんの笑い声と記憶を、心に、耳に、細胞に閉じ込めておきたいと思います」と、家族の思い出の大切さを実感していました。

◆子ども時代、父親とのアウトドア体験から学んだこと
この日は、毎年、家族で群馬県のキャンプ場で開かれる音楽フェス「New Acoustic Camp」に参加しているという40歳男性のお便りを紹介しました。テントに泊まりながら、ライブやバーベキュー、自然を満喫できるこのイベントが近づくと、「最近では子どもたちが“今年もニューアコ行くよね?”と聞いてくる」ようにもなったそうです。「なんて素敵なんでしょう! そんなフェスがあるんですね」と感心する今井でしたが、今井自身も子ども時代は、アウトドア好きの父親に連れられて、川キャンプなどを楽しんだとか。「子どもも大人も、ひとり1人役割があって、日常ではない場所で過ごし、みんなで遊び、考えながら行動することが、大切なものを養ってくれたんじゃないかと思います」と当時を振り返ります。そして「もし、娘が小さい時に(New Acoustic Campを)知っていたら、彼女を連れて行ってあげたかった」と話します。「娘も最近は、子ども同士で旅をしたり、キャンプをする年頃になりました。今度は彼女から、鮮度のある眼差しで見て、聴いて、感じたことを、教えてもらいたいと思っています」と語りました。

◆仕事と4人の子育てを頑張るママと家族に感動!
この日の番組で紹介されたのは、働きながら4人の子育てに奮闘する37歳の女性からのお便りでした。寝る前にスマホで音楽を聴くくらいで、自分の時間がほぼないという毎日のなか、日曜日の昼は貴重なリラックスタイムなのだとか。「日曜日のランチだけは、パパが作ってくれるから」と、家族の思いやりを感じる日常を報告してくれました。そんなリスナーのメッセージに、「本当にすごいです、拍手! みんながそれぞれの環境で、それぞれの生き方で頑張っているけど、4人の子育ては……本当に、よく頑張って毎日を過ごしてらっしゃると思います」とエールを贈る今井。「だから日曜日はママをゆっくりさせてあげようと、ご主人がご飯を作ってくれて、子どもたちもその時間を楽しみにしてくれて。みんなが役割を助け合いながら、毎日、自転車を漕いでる感じ」が素晴らしいと、気持ちを伝えました。

<番組概要>
番組名:DUNLOP presents LOVE UNITED
放送日時:毎週日曜 12:30~12:55
パーソナリティ:今井美樹
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/lu/

あなたにおすすめ