『けもなれ』第5話、晶の「幸せなら手をたたこう」に戦慄!? そして突然のキスに波紋?

#ドラマに恋して

2018/11/10 17:00

※画像は、『獣になれない私たち』公式Instagram より


みなさん、ドラマ好きですか?

当連載『#ドラマに恋して』はドラマ好きの方に、恋愛やイケメン俳優の可愛い仕草、女性の共感できる部分など、ドラマでみんなが思わずキュンキュンしてしまったシーンや共感できるシーンをご紹介していきます!

今回ご紹介するのは、新垣結衣さんと松田龍平さんがW主演のドラマ”けもなれ”こと『獣になれない私たち』(日本テレビ系、水曜よる10:00)第4話です。

『けもなれ』ってどんなドラマ?


主人公はECサイト制作会社に務める晶(新垣さん)と晶の行きつけのクラフトビールバー『5tap』で知り合った常連客で会計士の恒星(松田さん)。

晶は全方位に気を遣う”すり減らし女”、恒星は世渡り上手で毒舌なお調子者、そんな現代社会に生きづらさを感じるアラサーの男女の2人が本音をぶつけ合い、傷つき合いながらも歩み出していくというラブ(かもしれない)ストーリーです。




ネタバレ注意!第5話のあらすじは?


第4話では、彼氏の京谷(田中圭さん)が呉羽(菊地凛子さん)と一夜を共にしたことを知り憤る晶は、恒星に本音をぶつける。流れで恒星の事務所に行った晶だったが、一線は超えることなくやり過ごす。そして何かを決心したかのように、京谷のマンションに住み込んでいる京谷の元カノ・朱里(黒木華さん)に会いに行った。はたして続きは?

第5話ではこうなった

京谷のマンションに住み込んでいる、ニートで元カノの朱里(黒木華さん)のもとに、晶が乗り込む。

晶は努めて平静をよそおいながら「ここを出ていくつもり、本当にありますか?」と尋ねるが、朱里は「いつまでも無職で何もしてない私とは違って、幸せでキラキラしてる人はいいね」と皮肉たっぷりに返す。晶は「私だって楽して楽しく働いてるわけでは……」と返すが「仕事があって仕事ができて、好きな人に好きって言ってもらえて、何でもあるじゃん!何贅沢いってんの!あなたの持っている色んなもの、私何も持ってない!」と涙ながらに言われる。

これに晶は「私は、あなたがうらやましい。そんな風に泣けて……」と、感情をむき出しにする朱里に心を打ちのめされていた。

後日、晶は心を入れ替えたかのように、いろいろと押し付けられてうんざりしていた仕事に対して獅子奮迅の働きを見せ始める。その様子は後輩から「実は転職するんじゃ」と疑問を持たれるほどであった。

そしてとある仕事帰りの夜、晶は京谷の母である千春(田中美佐子)に電話をかけ、現在は要介護状態である千春の夫とのなれそめを聞くことになった。すべてを聞き終え「愛していれば、乗り越えられますか?苦しくても辛くても……」と千春に問いかけ「もちろん」という答えを聞いた晶は、モヤモヤした京谷との関係の今後を思い「堂々巡りだ……」と、涙が止まらなかった。

一方京谷は、晶の浮気疑惑に関してその張本人である恒星(松田龍平)に思わず殴りかかるものの、自分の不甲斐なさが今の事態を招いたと深く反省。そして、ついに朱里の元を去る決断をする。自らマンションを出て別の所に引越すことにしたのだ。

晶の元にその報告もかねて向かおうと、LINEを送る京谷。ところが晶はそのLINEに対し、会うかどうか思案を巡らせていた。そして5tapの前を通りかかった時に、ちょうど店を出る恒星と出くわす。

何気ない会話を交わしていたところ、恒星の背後から京谷が歩いてくるのを見た晶はとっさに「一瞬付き合って」と、なんと恒星とキスをしてしまった。

それを見てしまった京谷は引き返すこととなり、さらに反対の道からは、恒星の元カノである呉羽(菊地凛子さん)まで現れて、まさに風雲急を告げる展開となる。



とにかく怖かった第5話



第5話では、京谷のマンションを訪れた晶と朱里の修羅場に。さらに恒星を殴った京谷、舞台の5tapも修羅場となってしまいました。

晶と朱里の言い争いもなかなかだったのですが、もっとも怖かったのは晶の『幸せなら手をたたこう』の鼻歌だったのではないでしょうか。

京谷と関係が悪化し、元カノの朱里と言い争いの末、心が崩壊寸前といった状態になってしまった晶。

すると翌日には吹っ切れたように笑顔で仕事を完璧にこなしていく晶。しかも『幸せなら手をたたこう』を鼻歌で歌いながら、まるで機械のように淡々と……。

そして、金曜日の夜に会社のビルの外階段を歌いながら登っていく晶。踊り場で下を覗いたときは落ちるのではないかと不安になるくらい……本当に怖くて、心配になってしまう描写でした。

その後、京谷の母・千春との電話をして、千春の過酷な夫の介護も「愛で乗り越えられている」ということを聞いた晶。「堂々巡りだ……」と漏らし泣き崩れるシーンは応えましたね。

そんな第5話のクライマックス、晶が京谷が見ている前で恒星に突然キスをしたのは、その「堂々巡り」を断ち切りたかったからではないでしょうか。今後の展開を左右するワンシーンでしたね!



第5話を観たTwitter民の反応は?



そんなこじれにこじれた第5話も反響が大きく、様々な意見がTwitterに寄せられていましたので一部ご紹介します。
















やはり晶の鼻歌を歌い淡々と仕事をこなすシーンが怖いというツイートが多かったですが、重い展開にツラかったという意見も多く寄せられていました。また、晶を演じる新垣さんの演技力を絶賛する声も多かったです。

どうなる第6話!?



第6話では、晶と恒星のキスが波紋を……

そして京谷の元カノ・朱里の逆襲が始まる? さらに、晶と呉羽が言い争うシーンも!?

脚本家の野木亜紀子さんも自身のTwitterでこうコメントしています。



果たして、どう展開していくのか。第6話もお楽しみに!


見逃し配信サービスも!



第5話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で11月14日(水) 21:59まで無料で配信しています。この機会にお見逃しなく。また、『hulu』でも配信(無料トライアルあり)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『hulu』

(執筆:クラン子)

※本記事内のInstagramやTwitterなどは、各サービスの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

あなたにおすすめ