サカナクション山口が採点 秋の夜長に「曲名俳句」

TOKYO FM+

2018/11/9 17:00

サカナクションの山口一郎が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。リスナーに募集していた『曲名俳句』を発表し感想を語りました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」11月8日(木)放送分)



山口:今回は皆さんに出していた宿題『曲名俳句〈秋〉』に提出された俳句を紹介していきます。今回は5・7・5の中に、秋の季語ならぬ秋を感じさせる曲名を使って詠むというのが要点でした。それでは皆さんから届いた曲名俳句を紹介していきたいと思います。

◇◇◇

秋の宵
ぼんやりアルク
アラウンド

(14歳・女性)
※サカナクション「アルクアラウンド」からの一句

山口:この句には、秋の風情が漂い、サカナクションの曲名である「アルクアラウンド」という曲名がその景色の中に織り込まれておる。その点においては非常に良くできた句であると思うが、曲名の雰囲気と『秋の宵 ぼんやり』という部分がミスマッチだと思う。ぼんやり「アルクアラウンド」を聴くというよりは、てくてくと「アルクアラウンド」を聴くというほうが、「アルクアラウンド」を知っていて本当に好きな人からするとバランス的には半々になるかなと思う。
なので……50点!

◇◇◇

秋風に
飛びすさぶるや
ワタリドリ

(18歳・男性)
※[ALEXANDROS]「ワタリドリ」からの一句

山口:この“すさぶ”は、古典で“気の向くままに”という意味だそうです。秋風に気の向くままに渡り鳥が飛んでいく……SNSに溺れている10代。自分たちの世界、目で見える世界ではなく、インターネット上に広がる世界にだけ飛び回る現代の若者……そういった世界から飛びすさぶるように、渡り鳥のように現実の世界へ飛び立っていく様……それをこの句は表していると思う。
[ALEXANDROS]のミュージックビデオに木村拓哉が出ている……そういう点も踏まえ、70点!

◇◇◇

小さな手
ひらり落ち葉と
風をあつめて

(15歳・女性)
※はっぴいえんど「風をあつめて」からの一句

山口:この句を読んだ印象は、小さな手でひらり落ち葉と風をあつめているその様は、小さな頃、お母さんと歩いたあのイチョウ並木。そこでふと見上げた木の上から降ってきた……銀杏が臭い(笑)。そんなことを思い出しました。
人それぞれの思い出を起こしてあげられる句ということで……80点をあげたいと思う。

◇◇◇

秋の空
爽やか吹くもの
多分、風。

(14歳・男性)
※サカナクション「多分、風。」からの一句

山口:「多分、風。」という曲名は、俳句にぴったりくるタイトルである。それに気づき、このサカナLOCKS!の曲名俳句でサカナクション先生の曲を使うということ……ある種禁じ手ではある。
しかし、それを使ってきた勇気を込めて……80点をあげたいと思う!

曲名俳句はまだまだ募集中です。応募はこちらから!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年11月16日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長、あしざわ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55・金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

あなたにおすすめ