佐藤仁美、“ひとり四役”で連ドラ初主演 岸谷五朗ら4人の夫と共演

クランクイン!

2018/11/9 17:15

 女優の佐藤仁美が、2019年3月3日スタートのドラマ『我が家のヒミツ』(NHK BSプレミアム/毎週日曜22時)で連ドラ初主演を務めることが発表された。佐藤は「とにかく!! 楽しく演じて、それが、皆様に伝わればと思います!」と意気込みを語っている。

【写真】プレミアムドラマ『我が家のヒミツ』キャストフォトギャラリー

本作は、小説家の奥田英朗の人気短編集をドラマ化した『我が家の問題』に続く第2弾。ネットオークションにはまったり、転職・起業を繰り返す夫にヤキモキしたりする“4人の妻”を各話の主人公とする1話完結のオムニバス・シリーズだ。今回、主演の佐藤は、各エピソードに登場する妻たちを演じるため“ひとり四役”に挑戦。4つの家族のヒミツを、夫婦の会話劇を中心にユーモラスに演じていく。

各エピソードに登場する佐藤の夫役には豪華俳優陣をキャスティング。ネットオークションにハマる妻を描く第1回の「IDはサニーデイ」には田中直樹(ココリコ)が登場。第2回「夫のカーテン屋」に登場する、仕事を転々として起業を繰り返す夫役に八嶋智人、産休で家に閉じこもる妻を描く第3回「妊婦と隣人」には永井大、そして第4回と最終回の「小説家の妻・前後編」には、岸谷五朗が出演する。

本作で連ドラ初主演となる佐藤は「実感というか緊張感は、不思議とありません。毎回、違う役で、ゲストという感覚に近いからかなと」と語ると、続けて「でも、短期間で、こんなに違う役をやったことがないので、不安といえば、不安ですが同じくらい、期待でウズウズしてます」とコメント。さらに豪華な共演者を迎えることについて「相手役が芸達者な方々過ぎて、とても楽しみで、どうなるか想像もできない!!」と吐露。さらに「『独身の私が演じる主婦たち』というのも面白いでしょう(笑)」と期待感を語っている。

ドラマ『我が家のヒミツ』は、NHK BSプレミアムにて2019年3月3日より毎週日曜22時放送。

あなたにおすすめ