ヘアスタイリスト直伝。秒でおしゃれにきまるまとめ髪テク #東京女子のマイルール

Glitty

2018/11/9 16:30


自分らしく生きていくには、「自分なりのルール」が必要。

めまぐるしく変化する東京で生きる女子たちは、どんなルールを持っているのだろう?

そんな東京女子のリアルにスポットを当てた連載企画。

今回は、ヘアスタイリストの伊豆島梓さん(@zun_izushima)にヘアスタイリングのマイルールを教えてもらいました。

Vol.10 伊豆島梓さん(ヘアスタイリスト)

IMG_3149

美容室「VeLO/vetica」でジュニアスタイリストとして、またヘアメイクとしても活躍している伊豆島梓さん。

ヘアアレンジやヘッドドレスを使ったさりげなくおしゃれなヘアスタイルを得意としています。

今回はそんな伊豆島さんに、ヘアスタイリングのマイルールについて教えてもらいました。

ルール1. 寝グセ直しにはコーミングが最重要


寝グセがついてしまったときに重要なのはコーミング

水で軽く濡らして、洗い流さないトリートメントをつけたら、粗めのブラシでコーミングしていきます。

濡れている状態の髪はデリケートなので、細かいブラシでコーミングするとダメージの原因に。

そのあと、ドライヤーで手ぐしを通しながら乾かすのだそう。

ルール2. 時短スタイリングのコツは「縛る」「濡らす」「自然乾燥」

999B219A-B013-49AA-A8AF-4D2A0D7620DC(1)

時間がない日は、とりあえず縛って対処するのが伊豆島さんの時短テク。

前髪はパーマがかかっているので、水で濡らしてからスタイリング剤をつけて自然乾燥。
F57C8973-200F-4DED-AB0F-62951E6B5147

お団子かひとつ結びにして、もみあげの後れ毛をストレートアイロンでナチュラルウェーブに仕上げるのがポイント。

かかる時間はたった5分。時間がない朝もあっという間にスタイリングが完成します。

ルール3. 時間がない日は、ランダムお団子アレンジ

IMG_0617

時間がない、でもアレンジしたい。 そんなときでも、プロならではのヘアアレンジがあるみたい。

まず細い黒ゴムで、あえて結びめをずらしながらお団子に。

結びめの隙間からランダムに引き出し崩していきます

"あえて結びめをずらす"ことで、かんたんだけれどしっかりとアレンジした雰囲気を出せるのだとか。

明日からすぐ真似できそうな伊豆島さんの「マイルール」。忙しい朝でも、おしゃれなヘアスタイリングを楽しみたい。

>>連載「東京女子のマイルール」を読む

▼Sponsored

・思わず見とれる素肌美人の秘密って?

・私ってこんな感じなんだ。自分の恋愛タイプを深層診断

・テンション上がらない日は無理しない。中村アンに聞いたヘルシーボディの秘密

あなたにおすすめ