成田緑夢から“鈴木聡美に比べればタイプ”と選ばれた丸山桂里奈「ドキドキしてます」

平昌パラリンピック・男子スノーボード金メダリストの成田緑夢が11月6日、日本テレビ系で放送されたバラエティ番組『踊る!さんま御殿!! カラダWEEK アスリート大集合SP』でさんまもタジタジな天然トークを繰り広げた。しかし、変化球のような受け答えばかり返す彼が「アスリートチャンネルと普通チャンネルがあるので、アスリートチャンネルにしていいですか?」と言うと、さんまは「ダメ、個性死んじゃうから」と制止する。

そんな成田緑夢は、人や物のエネルギーが赤外線サーモグラフィーみたいにカラーで見えると言い出す。基本的に激しい動きは「赤」で緩やかな動きは「青い」感じに見えるらしい。「さんまさんはいつも赤い」そうだ。

終盤で恋愛の話題になった時のことである。成田は女性関係もアスリートベースでデータ分析して、さらにカラーで見える情報も加え「この人はこうなるから僕と会わないな」とタイプかどうか判断してしまう。これまで何度か気になる女性と食事したことはあるが、その分析による「予想通りの着地点」だったという。

それを聞いて「恋愛はデータがあてにならないからお前それを捨てろ! いつも恋は小学校1年生やで!」とアドバイスする明石家さんま。「データと色がマッチする人なんて一生出てこないぞ! 理想の人っていないから!」と言うが、成田は納得しない。

そこで彼に共演者でデータにもとづくタイプに近いのは誰か聞いたところ、周囲が「元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈では?」と勝手に決めつけた。

すかさず「違うと思います」と否定する成田だったが、少し考えて近くに座るロンドンオリンピックで3個のメダルを獲得した競泳選手・鈴木聡美と比べ、鈴木よりは丸山の方が好きだという。

さんまからも「鈴木に勝ったのはすごい!」と言われ、満面の笑みを浮かべる丸山桂里奈。だが、成田に「顔とかあんまり関係なくて」と補足され「そういう問題! ちょっとは顔も言ってよ!」と少し残念そうだ。

実は鈴木がトークの中で後輩の男子競泳選手・中村克に「合宿中に食事のマナーが凄く悪い。何度も注意したのに直らない」と苦言を呈していたので、成田はデータ分析しやすかったようである。彼によると丸山は「ワクワクするのが上手」で、鈴木は「人生がキレイ」だという。

収録後に、ゲスト控室で感想を聞かれた丸山は「最後に、成田さんからちょっと告白っぽい感じになったから、今ちょっとドキドキしてます」と胸に手を当てて笑わせていた。

画像は『karina maruyama丸山桂里奈 2018年11月6日付Twitter「今夜19時56分からですよ」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ