新設定のメルセデス・ベンツ「AMG A35セダン」、日本市場も視野に開発順調

clicccar

2018/11/9 14:03


メルセデスAMGは、パリモーターショーで「AMG A35 4MATIC」を公開しましたが、その派生モデルとなる「AMG A35 セダン」の市販型プロトタイプを、これまでで最も軽いカモフラージュ姿でキャッチしました。

カメラが捉えた開発車両は、アグレッシブなコーナーエアインテークを備えるバンパー、18インチホイール、大型ブレーキ、ブーツリッドスポイラー、ディフューザー、ツインエキゾーストパイプのほかコーナーエアベントも備えています。またサスペンションも専用にセッティングされるようです。

ボンネットフードの下には、AMGチューンの「M260型」直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最高出力は306ps、最大トルク400Nmを発揮します。トランスミッションには「AMGスピードシフトDCT7G」を採用するとともに、スポーツ志向のAWDシステムが駆動方式となり、0-100k/h加速4.7秒のパフォーマンスを持ちます。

「AMG A35」は、コンパクト・ハッチバック「Aクラス」の高性能モデルとして、新たにAMGに設定されたブランドシリーズです。その第二弾が「セダン」に投入されます。中国市場ではロングホイールベースの「AクラスLセダン」が投入されていますが、こちらはノーマルサイズがベースとされています。

ハイテク面では、メルセデスの最新MBUXインフォテインメントシステム、GPS対応のクルーズコントロール、緊急ブレーキ、車線変更アシストなど、ドライバーアシスタンスと安全システムのフルセットが装備されると予想されます。

ワールドプレミアは2018年内と予想され、日本市場導入の可能性も高いと思われます。

(APOLLO)

あなたにおすすめ