舘ひろし、渡辺謙、小泉孝太郎……「ハズキルーペ」の次のCMに起用されそうな“アノ大物”って!?

日刊サイゾー

2018/11/9 13:00


 渡辺謙の「世の中の文字は小さすぎて読めなーい!」の怒鳴り声でおなじみ、眼鏡型拡大鏡「ハズキルーペ」のCM。今年最もブレークした商品といってもいいだろう。そのハズキルーペを販売するハズキカンパニーの松村謙三会長兼CEOが1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の取材に応じているが、その中身が実に興味深い。

渡辺のCMギャラを「1年2億」と暴露したかと思えば、新垣結衣にオファーを断られ、親交のあった「オスカープロモーション」の古賀誠一社長のススメで、菊川怜を起用したこと、その菊川のCMギャラは7,500万円であることなど、洗いざらいぶっちゃけているのだ。ちなみに現在オンエア中のCMで菊川の後を継いだ武井咲のギャラは7,800万円、舘ひろしは8,000万円であると暴露している。

「芸能界でギャラのことを公にするのはタブーですが、この社長さんはお構いなし。CMなどの宣伝費に『100億円かけている』と豪語するだけあって、なかなかのキャラの濃さです。新CMの構想もすでに頭にあるようで、渡辺謙や舘ひろしにも負けない大物をピックアップしているとか」(スポーツ紙記者)

では、それは誰なのか? 大手広告代理店の関係者によると「歌舞伎俳優の香川照之さんの名前がしきりに挙がっています。渡辺謙さんの厳格なイメージを踏襲するのであれば、うってつけ。ハズキのCMは昨今の広告市場では考えられないほどギャラが高く、話題性もあるので、芸能事務所側も大歓迎でしょう」という。

一方、菊川、武井ときた“助手役”は、オスカーリレー方式で剛力彩芽の名前が浮上しているが……。

「いまの剛力さんはファッション通販サイト『ZOZOTOWN』の前澤友作氏との交際で、ネガティブなイメージの方が先行しているのが、どう影響するか。CMに口を出すことで有名な松村会長がNGを出すかもしれません」とは週刊誌記者。

キャスティング事情も含め、今後もハズキCMから目が離せない。

あなたにおすすめ