沢口靖子主演「科捜研の女」第3話13・5% 3話連続2ケタ視聴率

 女優の沢口靖子(53)が主演を務めるテレビ朝日のドラマ「科捜研の女」(木曜後8・00)第3話が8日に放送され、平均視聴率が13・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、分かった。

 京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)ら個性豊かな研究員が、専門技術を駆使して事件の真相解明に挑むシリーズの第18弾。1999年のスタート以来、根強い人気を誇っており、第1話は13・4%、第2話は11・2%だった。

 第3話は、鴨川で発見された他殺体から、土門(内藤剛志)の名刺が見つかる。鑑定で15年前に土門が舞鶴で逮捕した飯沼和郎だと判明。だが名刺は新しく、接触もしていないという。最近、土門が名刺を渡した相手に、15年前の事件関係者・浅香水絵(横山めぐみ)がいた。水絵が経営するアクアリウム店でマリコ(沢口)はあるものを目にして…という展開だった。

あなたにおすすめ