今夜『僕とシッポと神楽坂』すず芽は母親との関係に向き合うが…

クランクイン!

2018/11/9 11:40

 の相葉雅紀が、「坂の上動物病院」の獣医師・高円寺達也に扮するドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第5話が今夜放送。今回は、達也を取り巻く二組の親子たちの関係が、変化していく様子が描かれる。

【写真】『僕とシッポと神楽坂』第5話フォトギャラリー

本作は、たらさわみちの同名コミックを原作とし、東京・神楽坂にある「坂の上動物病院」を舞台に、院長の獣医師・達也(相葉)、動物看護師・加瀬トキワ(広末涼子)らと、しっぽを持つ動物たちの命のふれあいを描くヒューマンドラマ。

達也のもとに、芸者のすず芽(趣里)がセキセイインコのピースケを預かってほしいとやって来る。実はピースケの飼い主は、すず芽の母・咲江(池谷のぶえ)なのだが、急きょ咲江が入院するため、世話ができないすず芽は、達也を頼ってきたのだった。

達也は、「入院したお母さんをお見舞いに行くこと」「朝晩エサやりと鳥かごの掃除に来ること」という2つの条件で、ピースケを預かることに。だが、芸者になってから、咲江と口をきいていないすず芽は、あまりいい顔をしない。結局、すず芽は、名倉(大倉孝二)と一緒にしぶしぶお見舞いに行くものの、和解しないまま病院を後にする。その様子を見た徳丸(イッセー尾形)は、なんとか母と娘の関係を修復できないかと思案する。

一方、トキワの夫・佑(眞島秀和)が南米で行方不明になってから、7年の月日が流れていた。ある日、佑の両親がトキワに、2人の間に生まれた息子・大地(矢村央希)を、自分たちのもとに返してほしいと告げる。もう佑に縛られず、自由になってもいいんじゃないか、という両親の言葉に、トキワは「わかりました」と答える。大地は偶然その言葉を聞いてしまい、ショックを受ける。その夜、佑の両親の家に泊まった大地は、2人から「自分たちと一緒に暮らさないか」と持ちかけられ…。

『僕とシッポと神楽坂』第5話は、テレビ朝日系にて今夜11月9日23時15分放送。

あなたにおすすめ