『まく子』追加キャストにつみきみほ、しずる・村上純ら

クランクイン!

2018/11/9 12:00

 草なぎ剛が父親役で出演し、温泉町を舞台に少年の成長と初恋を描く映画『まく子』の追加キャストとして、つみきみほ、お笑いコンビ・しずるの村上純らの出演が発表された。

【写真】映画『まく子』追加キャスト場面写真

本作は、直木賞作家・西加奈子の同名児童小説を鶴岡慧子監督が映画化。ひなびた温泉街の旅館の息子で小学5年生のサトシ(山崎光)は、自分の体の変化に悩み、女好きの父親(草なぎ剛)に反感を抱いていた。ある日、美しい少女コズエ(新音)が現れる。言動がどこか不思議な同い年のコズエは「ある星から来たの」と信じがたい秘密をサトシに教えてくれる…。

つみきは、不思議な美少女コズエの母親役。一見訳あり風で、ある大きな秘密を抱えた親子を演じる。出演オファーがあった際に役どころを聞き、「面白そう! やりたいです!」と即答したというつみきは、「今まで演じたことのないキャラクター設定でしたので、現場に入っていろいろ考え、やれる限りやらせていただきました」とコメント。娘役の新音については「かわいいだけでなく、スケール感があり、役にぴったりだなと思いました。共演できて、楽しかったです」と話している。

村上は、大人なのに子どもたちとばかり一緒にいる青年・ドノを演じる。サトシはドノを馬鹿にしていたが、コズエと出会い、そしてドノの“ある思い”を知ることで、今まで見てきた世界が少しずつ変化していく。村上は「とても優しく柔らかい作品で、“まく”と言ったら“くだ”くらいしかない僕がこの世界にお邪魔させてもらえるなんて、いまだに身に余る思いです」とコメント。子役たちとの共演については「役者青二才の僕を大人顔負けの演技で引っ張ってくれたのには思わず舌を巻いてしまいました」との感想を漏らしている。

このほか、橋本淳がサトシのクラス担任・小菅役、小倉久寛が校長役、根岸季衣が旅館のベテラン仲居キミエおばちゃん役、内川蓮生がドノと心を通わす不登校児・類役を務めることも発表された。

映画『まく子』は2019年3月全国公開。

あなたにおすすめ