英ヘンリー王子、チャールズ皇太子に花嫁の父代役依頼「父は分かっていた」

クランクイン!

2018/11/9 11:20

 今年の5月に元女優メーガン・マークルと結婚した英ヘンリー王子。式当日は欠席だったメーガン妃の父親の代わりに、ヘンリー王子の父チャールズ皇太子がメーガン妃の手を取りバージンロードを歩いたが、チャールズ皇太子に依頼したのはヘンリー王子だったという。

【写真】ドレスのスケッチやケーキ、参列者の様子も! 2人の結婚式を英王室SNSで振り返る

ヘンリー王子がチャールズ皇太子との会話を振り返ったのは、現地時間8日に英BBC局で放送されるドキュメンタリー『Prince, Son and Heir:Charles at 70(原題)』。Peopleによると、ヘンリー王子は「僕が父に頼んだ。父は分かっていたと思う。すぐに“もちろんだ。メーガンが必要としていることならなんでもする。私はお前たちをサポートするためにいるんだ”と言ってくれた」と語っているとのことだ。

ヘンリー王子は「父にとってはそのサポート役を買ってでる絶好の機会だったんだ。父親だから当然のように僕たちのためにいてくれる」と続けたという。

ヘンリー王子は、メーガン妃をエスコートしてヘンリー王子のもとに届けたチャールズ皇太子に、「ありがとう、父さん(Thank you,Pa)」と言ったが、チャールズ皇太子の再婚相手カミラ夫人はヘンリー王子が何を言ったのか聞こえなかったという。カミラ夫人は「あとでテレビを観て…、あれは本当にステキな振る舞いだった」と、そのときを振り返っているという。

「感謝を伝えるのは当たり前だ。父親だからといって“もういいよ。あとは僕がするから”みたいな態度は取れない」とヘンリー王子。その後、「なんてね。本当はそう言ったかったけど」とふざけたが、「父がしてくれたことに心から感謝していた」と、チャールズ皇太子の厚意を喜んだそうだ。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ