【問題】激しい運動の直後は、記憶力が一時的に低くなる?|健康のウソ・ホント09

マイロハス

2018/11/9 07:20


ハーバードメディカルスクールのサンジブ・チョプラ教授による『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)から毎日ひとつずつ、健康の素朴な疑問をご紹介します。
health_09
image via Shutterstock

A.ウソ。


2007年に神経学の専門誌『ニューロバイオロジー・オブ・ラーニング・アンド・メモリー』に結論が掲載され、「激しい身体運動の直後は、ほかの2条件に比べて、単語を覚える速度が20%速かった。・・・・・・定期的な運動は認知機能を高め、加齢による認知機能低下リスクを低減させる」としている。

『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)より

正解は「激しい運動の直後は、記憶力がアップする」です。

この実験は、ドイツのミュンスター大学神経内科の研究者が、健康な成人男性27人を対象に、運動と学習能力との関連性を調べたもの。参加者は「高負荷ワークアウトの直後」、「低負荷ワークアウトの直後」、「休憩の直後」に単語を暗記させられました。その結果、激しく運動した後は暗記が20%スピードアップしたのです。

また、カリフォルニア州のソーク研究所とコロンビア大学医療センターのチームは、11人の参加者を対象に調査を行い、有酸素運動が、記憶をつかさどる脳内の部位への血流をつねに増加させたことを確認しています。チョプラ教授が言うように、「運動すると頭がよくなる」ことは、どうやら確実であるようです。

脳を活性化させるためにできること

ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)

health_book-2

医師が断言する「究極の飲み物」コーヒーについて、ビタミンDの新しいポテンシャル、運動による知られざるメリット、スーパーフードとしておなじみの「ナッツ」が本当にすごい理由、脳だけではなくカラダにも影響を与える「瞑想」の力など6つのカテゴリーにて、本当に正しい健康の知識について触れています。膨大なデータベースを元に導き出したからこそ信頼できるトピックが満載です。

あなたにおすすめ