真司(ムロツヨシ)、尚(戸田恵梨香)を想い苦渋の決断…「大恋愛~僕を忘れる君と」<第5話あらすじ>

モデルプレス

2018/11/9 10:00

【大恋愛~僕を忘れる君と/モデルプレス=11月9日】女優の戸田恵梨香が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(毎週金曜よる10時~)の第5話が9日、放送される。

◆戸田恵梨香主演「大恋愛~僕を忘れる君と」



今作は、年性アルツハイマーにおかされる女医と、彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家の男の、10年にわたる愛の奇跡を描く王道の純愛ラブストーリー。数々の人気ドラマの脚本を手掛け、“ラブストーリーの名手”と称される大石静氏が描く完全オリジナルドラマとなっている。

主人公の若年性アルツハイマーにおかされてしまう女医・北澤尚役を戸田、尚を明るく支え続ける恋人・間宮真司役をムロが演じるほか、富澤たけし、杉野遥亮、松岡昌宏らが出演する。

◆第5話あらすじ



尚(戸田恵梨香)に、「別れよう」と伝えた真司(ムロツヨシ)。それは、尚の病気のことを考えて出した、苦渋の決断だった。

娘の様子を見て心配した薫(草刈民代)は、事情を聞こうと真司のもとを訪れるが…。

尚と顔を合わせたくない真司は、木村(富澤たけし)の計らいでバイト先の倉庫に泊まることに。

尚は、どうにかして真司と話そうと、バイト先を訪れるが、真司に気を使った木村が追い返してしまうのだった。

メールを送っても真司が待ち合わせに現れることはなく、尚はいつもの居酒屋で一人ぼっち。

そして、真司から尚宛ての宅配便が届いたある日、真司のアパートからは全ての荷物が撤去されていた。

それから、9か月後…。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ