浦井健治と夫婦役で長澤まさみが恐妻に!「メタルマクベス」disc3開幕!

Walkerplus

2018/11/9 10:00

11/9(金)から東京・豊洲IHIステージアラウンド東京で上演される「新感線☆RS『メタルマクベス』disc3」。初日前日11/8には公開ゲネプロが行われ、囲み取材に浦井健治さん、長澤まさみさんが登場した。

客席が360度回転することで話題のIHIステージアラウンド東京。昨年から1年3か月に渡り上演された劇団☆新感線『髑髏城の七人』花鳥風月に続き、この劇場2作品目の上演となる『メタルマクベス』。7月からdisc1、disc2、disc3とキャストを変えての3作連続上演で、いよいよシリーズ最終作のdisc3が開幕。

劇団☆新感線と宮藤官九郎さんがタッグを組み、シェイクスピアの『マクベス』を2206年と1980年代というふたつの世界に、さらにロックとメタルの楽曲で彩るという大胆アレンジ。disc3では浦井健治さんと長澤まさみさんが、魔女に予言され王を殺すもしだいに罪の意識に苛まれるランダムスターとその妻を演じる。

初日を翌日に控え、浦井さんは「disc3、みんなで作ってきました。Disc1、2からバトンを受け取った感もありますし、いろんな意味で集大成ということを踏まえて(演出の)いのうえさんを筆頭にちゃんとやってきたつもりです。お客様にしっかりとセリフの語尾まで届けていきたいと思っています!」と、気合十分。

360度回転する劇場ということで、「本当に広い!運動会みたいに走り回っています。体力勝負ですね」という浦井さんには、長澤さんも同意の声。さらに、大晦日まで続く全60公演。長澤さんからは「こんなに長い公演が初めての経験なので、無事に最後まで走りきれたらなと思います。今はまだちょっと不安と戦っている感じ。お客様が入ったら、また気持ちも変わってくるのかなと思っているところです」というコメントも。

いのうえひでのりさんの演出について尋ねられると、浦井さんは「めちゃくちゃ厳しいです!夫人とのシーンは1000本ノックみたいな感じで。この作品はランダムスターと夫人の物語なので、ふたりのシーンはスパルタでした!」と、稽古を振り返って苦笑い。

「でも、いのうえさんの目がずっとキラキラしていて。怖いけど楽しんでいらっしゃるんだなと感じていたので。こんなに『健治!健治!』って呼んでもらうこともないので、食らいついてきたつもりでもあります」とも語った浦井さん。

これまで2度、劇団☆新感線に参加し、今回が念願の主演となる浦井さんには「主役だと全然違う?」という質問も。「全然違います!」と即答するも、「でも今回は橋本じゅんさん始め劇団員の方、皆さんとともに『disc3を作ろうぜ!』っていう勢いで作ってきたので」と、そのチームワークの良さをアピール。

長澤さんと「チームワークいいですよね」「いいよね!」と言い合う一幕もあり、長澤さんも「すごく公演自体も長いですし、目標が一緒なので一丸となってみんなで作り上げていこうという気合が現場にある感じがしています」と、カンパニーの雰囲気の良さが本作の出来に繋がっていると自信を覗かせた。

また、これまでのdisc1、2でもランダムスター夫妻の関係性が話題になっていたが、disc3のふたりはというと「ちょっとへこんでるな、大変だなっていうときには必ず、夫人がクッキーをくれるんですよ!『よし、頑張ろう』っていう単純な男になっています(笑)」というエピソードを明かし、夫人役の長澤さんにすっかりコントロールされているといった浦井さん。

さらに、衣装がかなり重いということで浦井さんが「いつも汗だくなんです。でも『このくらいの重さだったら男なら大丈夫だろ!』って、ツンデレな感じで言われて…」と視線を向けると、長澤さんがすかさず「私がよく言ってるんです。『それくらい耐えろ!』って(笑)」と、ひと言。

「恐妻で悪女な役柄なもので…。普段から浦井さんにビシバシ言わせて頂いております(笑)」なんて妖艶に笑う長澤さんには、「厳しいですね(笑)」という浦井さんの声もあり、すでに息ぴったりといったふたり。disc3ならではのランダムスター夫妻にも注目だ。

会見の最後には、「このシリーズのオーラス!必ずしっかりと締められるように、我々disc3のカラーがふんだんに散りばめられていますし、いのうえさんが千穐楽までダメ出しを続けてくださると思うので(笑)。しっかりと食らいついて、最後までみんなで作っていければと思います。そして、僕は尻に敷かれて頑張っていきたいと思います!」と熱く意気込んだ浦井さんに、長澤さんも「演じれば演じるほど、素晴らしい脚本だなと思いますし、これをこの劇場で観られるのは最後。舞台を観慣れていない方にも楽しめる演目と劇場だと思うので、冬の楽しみに足を運んで頂きたいなと思います」と、シリーズラストとなる本作を力強くアピールした。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/週刊東京ウォーカー+編集長 野木原晃一)

https://news.walkerplus.com/article/168778/

あなたにおすすめ