山本舞香がバラエティで開花寸前! さんま、マツコ、松本人志の“寵愛”受ける奇跡

日刊サイゾー

2018/11/9 09:00


「今の芸能界で、明石家さんまさんとマツコ・デラックスさん、松本人志さんがこぞって気に入ってるというのは“奇跡”に近いですよ。まあ、本人はこの3人に取り入ろうとか、そういうのを感じさせないので、気に入られているのかもしれません」(芸能事務所関係者)

先日からオンエアされている、松本人志が出演するタウンワークの新CMのキャストに抜擢された山本舞香。

「もともと『三井リハウスガール』の14代目リハウスガールに選ばれ、大人気ティーン誌『ニコラ』(新潮社)の専属モデルを務めた彼女。同誌を卒業してからは女優として活動しています。ただ、さんまさんの番組でその飾らないキャラクターが気に入られてからは、バラエティのオファーもかなり来ているようで、それがきっかけでマツコさんの番組にも呼ばれるようになりました」(テレビ局関係者)

さんまも、お気に入りだった剛力彩芽がZOZOの前澤友作社長と交際し始めてからは、山本が一番のお気に入りになっているという。

「マツコさんも、もともとは別の番組で共演して『この子、ただ者じゃない』ということで、自身の番組に呼んだんです。顔がキツイので、女優としてはヤンキー系の役どころが多くなりそうですが、バラエティでしゃべりもいけることがわかったので、夏菜さんのような路線になるんじゃないでしょうか。先日は劇団EXILEの青柳翔さんとの熱愛が報じられましたが、事務所は発言も恋愛も制御しない方針のようなので、これまで通り、自由な発言を続けるんじゃないですかね。いずれにせよ、大御所3人の後ろ盾があるのは、かなり大きいですよ」(バラエティスタッフ)

来年は女優としてではなく、バラエティタレントとして業界を席巻しているかもしれない。

あなたにおすすめ