ロッチ・コカド、フット・後藤への「トラウマ体験」を告白

ザテレビジョン

2018/11/9 07:45

11月8日に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)に出演したコカドケンタロウ(ロッチ)が、後藤輝基(フットボールアワー)との知られざるトラウマ体験を告白した。

この日は、濱家隆一(かまいたち)のプレゼン企画「元々ボケやってたツッコミ芸人」が採用され、後藤、コカドの他、若林正恭(オードリー)、小峠英二(バイきんぐ)らが集結した。

それぞれがボケからツッコミに変わったいきさつを紹介していく中で、コカドの番になると後藤が「コカドって、『若手でっせ!』みたいな感じでやっているけど、まったくの同期なんです」と割って入った。

実は二人、後藤が20歳、コカドは16歳の高校生と年の差こそあれ「同期」として、大阪NSCの14期生として過ごした仲なのだとか。

コカドは「(後藤は)4歳上なので、高校生の頃は1歳上でもめちゃめちゃなのに、高校を卒業しての人やから、怖くて仕方なかった」と当時を振り返った。

今回出演したツッコミ芸人の中で、二人でロケをするなら自分はボケとツッコミどっちを選択するかをシミュレーションするコーナーでは、コカドが後藤だけ「NG」を選択。

目ざとく見つけた後藤は「なんで、おまえNGって」とツッコミを入れるとコカドは「怖い大人っていうトラウマがあるから、怖い」と返答。

「同期だから一番やりやすいはずやねんで」と後藤が詰め寄ると「怖い顔で見てるやん!!」とコカドも応酬。

「確かに、20歳と16歳じゃかなり離れていました。でも40歳と44歳は一緒やぞ」と後藤がまとめるとスタジオは笑いに包まれた。

その笑いにかき消されながらもコカドは「あの頃に戻るから、戻るの!」とアピール、「NG」は撤回しなかった。

後藤とコカドが同期だということを知らない視聴者も多く、ネットでは「え、同期なの?」「NSC同期なんて意外!」「4つ差の同期か~」などのコメントが寄せられていた。

次回の「アメトーーク!」は11月15日(木)夜11時20分より放送。「スニーカー芸人」に佐藤隆太、レイザーラモンRG、たくみ(カミナリ)、山内健司(かまいたち)らが出演する予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168434/

あなたにおすすめ