Xperia XZ3発売日レビュー - 使ってわかった! 今度のXperiaはかなりイイかも! 【カメラ編】


●Xperia初、美しい有機ELディスプレイがイイかも!

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから、本日11月9日に発売したソニーモバイルコミュニケーションズのフラッグシップモデル「Xperia XZ3」。最大の進化点は、Xperiaシリーズでは初となる約6.0インチの有機ELディスプレイです。
○4K有機ELテレビの技術を投入

ソニーのテレビ「BRAVIA」シリーズの技術を応用するなど、これまでの液晶ディスプレイも十分にハイクオリティでしたが、今回は4K有機ELテレビ「BRAVIA」のエンジニアがモバイル向けにこだわりぬいて画作りしたという、QHD+(2,880×1440ドット)の有機ELディスプレイを採用しています。

もちろんHDRにも対応しているのですが、同じくHDR対応だった前モデル「Xperia XZ2」と見比べても黒がぐっと締まって、さらに色鮮やかになった印象。動画やゲームはもちろんですが、カメラを構えるときも撮った写真を見るときも、このディスプレイだとかなり気分が上がります。

○本体も薄く、軽くなりました

ディスプレイに有機ELを採用したことで、「Xperia XZ2」に比べるとかなりスリムにもなりました。前モデルは厚さが11.1mmありましたが、「Xperia XZ3」は厚さ9.9mm。重さも5gほど軽い約193gとなっています。

背面がガラスかつ手に馴染む曲線を採用するなど、基本的なデザインコンセプトは踏襲されているものの、前モデルが”ぽっちゃり”だとしたら「Xperia XZ3」は”ふっくら”くらいになった印象。さらにカラーも、ボルドーレッドやフォレストグリーンなどほかにはないXperiaらしい展開で、持っていればひと目でそれとわかる個性派です。

ケースを付けて使うのがもったいないくらいですが、いかんせん背面がツルッとしていてなおつカーブしているので、テーブルなどに置いたときに滑り落ちる危険度は高め。安心のために、やはりケースがあったほうがいいかもしれません。各カラーにあわせた純正ケースが用意されているほか、専用のカバーストアがあり、ケースが豊富に選べるのもXperiaならではです。

もちろん見た目だけでなく、中身にも新しい機能がいろいろと追加されています。中でも今回、特に大きく変わったのがUIに関する部分。メーカーからひとあし早くお借りして、2週間ほど使い込みましたが、今感じているのは「これは、なかなか使いやすいかも」ということ。まずはカメラから、使いやすさの理由を紹介したいと思います。

●シンプルになったカメラ画面。オートで撮る人にイイかも!
最近のハイエンドモデルでは、カメラ+AIでシーンを認識して、全部おまかせできれいに撮れるのがトレンドです。

一方でXperiaシリーズには以前から、13のシーンとカメラの状況を自動認識しておまかせで撮れる「プレミアムおまかせオート」という機能があり、ある意味ではトレンドを先取りしていたとも言えます。
○操作画面はシンプルに

「Xperia XZ3」のメインカメラは約1920万画素で、1/2.3型イメージセンサーの「Exmor RS for mobile」、画像処理エンジンの「BIONZ for mobile」、高解像度レンズの「Gレンズ」からなるソニー独自の「Motion Eyeカメラシステム」を搭載。Snapdragon 845を採用するCPUや4GBのメモリ、64GBのストレージなども含めて、主なスペックは前モデルの「Xperia XZ2」から大きく変わっていません。

一方で今回、カメラのメニューから「プレミアムおまかせオート」のマークが消えてしまいました。といっても別に機能がなくなったわけではなく、もはや〝当たり前〟になったという感じ。

これまではマニュアル/プレミアムおまかせオート/ムービー/その他のカメラアプリを画面をスワイプして切り替える仕様でしたが、「Xperia XZ3」では写真=プレミアムおまかせオートとなり、スワイプによる切り替えは写真orビデオの2択のみ。ぐっとシンプルなUIに変更されています。

○よく使うアプリの起動も手軽に

マニュアルも含めたその他のモード(カメラアプリ)は、そのものズバリ「モード」をタップして表示されるメニューから選ぶ仕様になりました。

一度選んだアプリは、次に違うアプリを選ぶまで画面に常時表示されるため、よく使うアプリの起動も簡単にできるしくみ。今までの操作方法とはガラっと変わったため、これまでのXperiaシリーズから乗り換える人は少々戸惑うかもしれませんが、写真はほとんどオートで撮るという人にとっては、不要なメニューが隠れた分だけ操作がシンプルになり、わかりやすくなったのではないでしょうか。筆者も最初は手探りで使い始めましたが、すぐに慣れて直感的に操作できることを実感しました。

なおマークこそメニューから消えてしまいましたが、カメラを構えるとその都度シーンが自動認識され、シーンにあわせた最適な設定で撮影ができるのは、これまでの「プレミアムおまかせオート」と同じ。たとえば食べ物にカメラを向けると、ちゃんと「料理」と認識されて、温かくシズル感のある写真を撮ることができます。以下いろいろなシーンを、すべておまかせで撮影してみました。
○シーン自動認識で撮影チェック!

撮影時にまず感じたのは、シャッターの切りやすさ。Xperiaにはカメラを構えたときにちょうど右手の人差し指があたる位置に、専用のカメラボタンが用意されています。おかげで両手でしっかりとスマホをホールドしつつ、安定したポジションでの撮影が可能に。

さらに、カメラを構えてみて実感したのが、カメラモニターの美しさでした。

●構えてすぐ撮れる、この機動力はなかなかイイかも!
色鮮やかな有機ELディスプレイでは当然ながら、カメラでとらえたシーンもより色鮮やかに見えます。その美しい画面を見ながらシャッターを切ると、それだけで自分の腕前があがったような感覚に。スマホで写真を楽しむにはカメラの性能はもちろん、ディスプレイも重要なのだと改めて気づかされました。

それはもちろん、動画でも同じ。Xperiaでは強力な5軸手ぶれ補正を効かせた4KHDR動画が撮影できますが、このディスプレイならその映像の美しさをより堪能することができます。

○スマホを横に構えるとカメラが起動!

さて、AIによるシーン認識とともに、もうひとつ最近のスマホカメラのトレンドと言えるのが、決定的シーンを逃さずに撮れる機能です。

Xperiaシリーズには以前から、被写体の動きを検知して記録を開始し、シャッターボタンを押した瞬間から遡って、ベストだと思う4枚を抽出してくれる「先読み撮影」機能が搭載されています。

加えて「Xperia XZ3」には、スマホを横に構える動作でカメラが自動起動する「スマートカメラ起動」も新たに追加されました。カメラを起動はカメラボタンの長押しでもできるのですが、本当に慌てているときはボタンを押す動作さえ煩わしいもの。「スマートカメラ起動」はそういうとっさのときに役立ちそうです。

○「ボケ」機能はコツが必要。アップデートに期待

「Xperia XZ3」のカメラはシングルレンズですが、これまた最近のスマホカメラで人気の、被写体の背景をぼかせる機能も搭載しています。「モード」から選択できる「ぼけエフェクト」というアプリがそれ。ダブルレンズスマホのように被写界深度情報をもとにぼかすのではなく、ピントをあわせた被写体とぼかした背景を個別に撮影して合成するしくみです。

このモードでシャッターを切ると、撮影が2回行われるので、その間はスマホを動かさないのがコツ。撮影後にもぼけ味を細かく調整できますが、背景がごちゃごちゃしている場合などは被写体の切り抜きがうまくいかず、自然なぼけに見えないケースもあります。

このほか「モード」からは、様々なフィルター効果をプラスできる「クリエイティブエフェクト」、実際の風景にCGを重ねられる「ARエフェクト」といったアプリも選択可能。さらに動画では「スローモーション」撮影も楽しめます。

○大きく進化したフロントカメラ。セルフィーもGOOD

先ほどメインカメラやCPUのスペックは、前モデルの「Xperia XZ2」とほぼ同じと書きましたが、その一方で進化しているのが、セルフィー用のフロントカメラです。1320万画素と高解像度かつメインよりも明るい、F値1.9のレンズを採用。さらに「モード」から「ポートレートセルフィー」を選択すると、背景をぼかしたり、美肌などのビューティー効果を加えたセルフィー撮影ができます。こちらはメインカメラ用の「ぼけエフェクト」とは違い、シャッターを切るのは1度だけ。

ぼけ味は撮影時に調整するしくみで、よりも自然に背景をぼかした写真が撮れます。さらにビューティー効果を細かく設定することが可能。これまでは美肌といっても、あくまでナチュラルな補正に止まっていたXperiaシリーズですが、「Xperia XZ3」ではもっと盛りたいという女性のニーズにもしっかり応えてくれます。

あなたにおすすめ