オリラジ・中田敦彦の「いい夫」エピソードに見る、「仏作って魂いれず」の妙な夫婦関係


羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます

<今回の有名人>
「だめな妻とか夫と思われるんじゃないかという意識があるから、相手に合わせちゃう」福田萌
『ノンストップ』(フジテレビ系 11月2日)

かつて本連載で書いたように、私はオリエンタルラジオ・中田敦彦は「高3メンタリティー」だと思っている。受験生は、合格のためにひたすら努力し、合格を勝ち取る。受験の世界では、心から入りたいと思う偏差値の低い学校よりも、興味は持てなくても偏差値の高い学校に入った方が評価される。中田はもちろんもう受験生ではないが、いつも「自分がこうしたい」という気持ちはすっ飛ばして、「難しい何か」になろうとしていると感じることがある。

中田のことを、「高3メンタリティー」だと思うようになったきっかけは、あるテレビ番組での発言だった。正確な番組名は失念したが、中田がタレント・福田萌と結婚する前、「俺も“イケムコ”にならなくちゃ」と言っていたのを覚えている。当時、男性は女性ほど結婚式の準備に乗り気でないと言われていた中、イケてる婿、略して「イケムコ」は自分から率先して準備に参加するらしい。

結婚式の準備に男性が消極的である場合、女性が不満を抱くのは、労力のアンバランスさよりも、「男性が結婚式を楽しみにしていないのではないか」といった愛情の少なさだろう。しかし、中田は自分だけでなく人の気持ちの機微にも興味はない。ただ、難関大学の合格を勝ち取るのと同じで、「イケムコ」という「難しいモノ」になりたがっているように、私には感じられた。

日本の男性にとって、今、一番難しい役職。それは「いい夫」だろう。稼いで浮気をしないというのは、昭和の価価値観で、現代の「いい夫」とは、それに加えて育児参加が求められている。

なるのが難しいと聞くほど燃える「高3メンタリティー」に思える中田が、イクメンに挑戦しないわけがない。福田が『ノンストップ』(フジテレビ系)で明かしたところによると、中田は、福田が睡眠に関する不満を多く抱えていることに気づき、「子どもの授乳は自分がやるから、朝まで1人で寝るように」と申し出てくれたそうだ。妻のケアを怠らない中田は、条件的には「いい夫」と言えるだろう。しかし、その中田が10月、情報サイト「日経DUAL」で「良い夫をやめる」と宣言して、話題を呼んでいる。

中田の言い分をまとめると、趣味の自転車をやめる、たばこをやめるなど、福田の嫌がることはやめ、住む場所、広さ、インテリアも福田に合わせ、運転免許も取り、「なるべく家にいてほしい」という福田の要求に応えるため、仕事も整理し、家事もシェアしてきたそう。それなのに、福田に「あなたは何も変えてくれなかった」「あなたはただ成功したいだけの人」と怒られたという。

中田は、カウンセラーに見てもらった結果、自分があまりにも福田の要求に応えてきたため、福田が「やってくれた」ことではなく「やってくれなかった」ことに目がいくようになったと、自身で分析している。そこからなぜか「『夫婦関係、親子関係は、絶対に維持しないといけないものではない』と位置付ける」「妻と別れてもいいし、子どもの親権は渡していい」などと、離婚も辞さないというような方向に話が進んでいるのだ。受験には合格と不合格というふうに、結果は2つしかない。結婚生活に文句を言われたら、離婚という極端な発想も、いかにも「高3メンタリティー」の中田らしい。

妻である福田も、11月2日の『ノンストップ』に出演して、ダメ出しばかりした自分が悪かった、反省したと述べていたが、なんだか意味がわからない。例えば、中田はコラムの中で、家族全員でお風呂に入る時に、中田が下の子を洗うのに熱心ではないと福田が怒った話を挙げていた。中田は、子どもを洗うよりも、先に自分が上がり、子どもたちを拭くなどのお世話をやった方がいいと思っていたそうだが、それならみんなで風呂に入る意味はないのではないか。ダメ出しして当然だろう。「仏作って魂いれず」という、肝心なものが足りていないという意味の諺がある。風呂に限らず、中田は完璧に夫業、父親業をやったと思っているようだが、結構ヌケがあったのではないかと推察する。

中田が夫として足りていなかったと責めたいのではない。この夫婦は案外、簡単なすり合わせができていないのではないかというのが、私の印象だ。例えば、中田が下の子を洗わない傾向があると思ったら、「洗って」と言えば済む話だろう。しかし、福田は長いこと指摘していなかったようだ。そこに垣間見えるのは、福田の妙な遠慮である。

『ノンストップ』で福田は、「だめな妻や夫と思われるんじゃないかという意識があるから、相手に合わせちゃう」と遠慮のワケを説明している。ここで気になるのは、誰がだめな妻、夫とジャッジするのかなのである。配偶者への「こうしてほしい」というリクエストは、夫婦にとって業務連絡であり、たいていは「できる」もしくは「できない」というふうに話は展開していき、着地点を見つけるはずだ。そこに「だめな妻(夫)」という評価を持ってくるのは、福田も中田を見ておらず、「世間から見てどう見えるのか」という規範に乗っ取って行動しているからではないか。

メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、中田の自宅VTRが流れたことがある。その中で福田は、夕飯として、湯豆腐と鯵のなめろうという、彩りがいいとは言えないメニューを披露していた。公開するからには、視聴者の目に留まる料理がいいだろうし、スタッフに実際に料理をふるまうわけでない。となると、テレビ的に求められるのは味より見栄えである。にもかかわらず、なぜこんな地味なメニューにしたかというと、「料理教室で習ったから」と福田は説明していた。求められていること(テレビ的に見栄えがする)よりも、料理のセンセイという一種の権威に忠実な福田は、難しい学校に合格することがスゴいという「高3メンタリティー」の中田と似ていないだろうか。私には、この人たちは似た者夫婦に見える。

夫婦仲というプライベートを飯のタネにすると、いろいろ言えないこともあって面倒くさいだろうと推察するが、あなたたち、そっくりだから仲良く頑張ってと、遠くからエールを送りたい。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの

当記事はサイゾーウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ