日本にも! iPhoneにもAndroidにもフトコロにも優しいTesla Model 3

20181108-tesla-model-3-japan-14
Photo: 西谷茂リチャード

運転席からアクセスできるスタンドにLightningとUSB Type-C、両方のコネクタがあるんですもん。

ミッドレンジのお値段は4万6000ドル( 約522万円)! これなら買えるかも? 未来が手に入るかも? と夢を見られるプライスのTesla(テスラ)「Model 3」が日本にやってきました。

エクステリアはシンプルでグッド

20181108-tesla-model-3-japan-01a
Photo: 西谷茂リチャード

既存のEVやPHEVはミライのクルマってことを感じさせるものが多いのですが、Model 3はいい意味でシンプル。おしとやかに口を閉じたフロントデザインがいいじゃないですか。威圧感のない、落ち着きのあるエクステリアじゃないですか。

フロントからリアに連なるルーフラインはなだらか。空力特性に優れているんでしょうね。タッチタイプのカードキーだから鍵穴もなし。走行時の風切り音も少ないかもしれませんね。

シームレスかつ直感的なインテリア

20181108-tesla-model-3-japan-12
Photo: 西谷茂リチャード

特徴を大きく打ち出すスタイルではないシンプルイズムな思想はインテリアにもあらわれています。ハンドルを含め、コックピット周りのスイッチが極少なんですよ。基本操作はセンターにる15インチのタッチスクリーンまたは音声で行なうようになっており、操作は直感的。各UIの使い方を一語一句アタマに叩き込むまでマニュアルを読みふけるといったこともないでしょう。

音声アシスタントの呼び出しもカンタンです。ハンドルに備わったボタンをプッシュするだけです。「はい、なんでしょう」みたいな待受報告もなく、ボタンを押してすぐに行き先をしゃべれば、すかさずナビの目的地登録を行ってくれます。このシームレス感がいいですね、楽ですね。



タッチスクリーンのレスポンスもGOOD。機能選択、セッティング変更に、地図の拡大縮小もスムーズに行なえます。スマートフォンやタブレットの扱いに慣れている人ならすぐに操作をマスターできるでしょうね。

このクルマ、アップデートできます

20181108-tesla-model-3-japan-07
Photo: 西谷茂リチャード
ピラーに埋め込まれたカメラ

機能をオンラインアップデートできる、テスラならではの機能も入っています。現時点でのModel 3の自動運転アシスト機能はレベル2にとどまっていますが、車両に組み込まれているハードウェアのアーキテクチャはより上位の自動運転に対応するものだとか。

事実、Model 3には20のセンサーと8機のカメラが搭載されていますが、すべて使っているわけではないそうです。今後のアップデートに備えてあらかじめ装備しているパーツもあるんです。

最新のテスラが最良のテスラであることは違いないでしょうけど、ソフトウェアでカバーできる機能は常に最先端のものになるのが素晴らしい。

EVなのにフツーに使えそうよ

20181108-tesla-model-3-japan-15
Photo: 西谷茂リチャード

クルマそのものとしてはどうでしょうか? 展示状態の車両を取材したため、走行時の様子はわかりませんでしたが、フツーに使えるいいクルマって印象がありましたね。運転席から前方は確認しやすいし、周囲の状態をカメラが見張ってくれますし、運転しやすそう。リアのトランクは間口も広く奥深くて多くの荷物を入れられるし、フロントにもトランクがドン。

そうだよな、落ち着いたデザインだからちょっと忘れていましたが、Model 3はEVなんですよね。大きなエンジンがなくなった分、多くのスペースを自由に使えるレイアウトが可能なんですよね。

iPhoneにもAndroidにもささりマス

20181108-tesla-model-3-japan-18-1
Photo: 西谷茂リチャード
ギリギリ撮れてました。良かった…。

冒頭でも触れましたが、スマートフォンを置くスタンドを見ると、そこにはLightning端子とUSB Type-C端子が仲良く並んでいるんです。今までのクルマだとUSB端子があって、ケーブルでつないでねというアプローチが大半でしたが、Model 3はiPhoneと近年のAndroidを分け隔てなく立てかけられるんです。このスタンド部分からも、Model 3がマスをターゲットにしたクルマなんだなーと感じます。

世界を変えるかも?

20181108-tesla-model-3-japan-17
Photo: 西谷茂リチャード

いつしか終わりがやってくる化石燃料は極力使わずに、持続可能なエネルギー社会をめざすテスラ。今までにオープンカーのテスラ・ロードスター、大型セダンのModel S、3列シートSUVのModel Xとリリースしてきましたが、いずれもプレミアムなEV。誰もが買えるお値段ではありませんでした。

次世代のモータリゼーションを見据えるテスラとしては、リーズナブルで多くのユーザーがそのメリットを享受できるミドルクラスのModel 3を世界戦略車として捉えているのでしょう。

未来のフツーのクルマ

20181108-tesla-model-3-japan-03
Photo: 西谷茂リチャード

あらためてModel 3を振り返ると、インテリアもエクステリアも装飾は控えめ。数多の先端機能をそうとは感じさせずに、誰でも使えるようなUIでもありました。

だからこそ、派手さがないからこその凄みをModel 3から感じます。だってテスラは、常時オンラインのEVはごく自然な存在になると見越してModel 3を作ったのでしょうから。今までのクルマと未来のクルマをつなげる架け橋として、お父さんもお母さんもお姉さんもお爺さんもお婆さんも、誰でも気兼ねなく運転できるこれからのフツーのクルマとしてリリースするのでしょうから。

「フツーのテスラ」という不思議な響き。

Source: テスラジャパン

あなたにおすすめ