TVアニメ『やがて君になる』、第6話のあらすじ&先行場面カットを公開


2018年10月から放送開始となったTVアニメ『やがて君になる』より、第6話「言葉は閉じ込めて/言葉で閉じ込めて」のあらすじと先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『やがて君になる』、第6話のあらすじ&場面カット

■第6話「言葉は閉じ込めて/言葉で閉じ込めて」
試験が終わり、久しぶりに生徒会室に集まった一同。滞りなく会議は終わったのだが、生徒会劇の準備は脚本をどうするかで困っていた。せっかくだからオリジナルの劇を作りたいという燈子は、脚本が書ける人に心当たりがないか皆に問いかける。侑は心当たりがあるものの、その場では「誰もいない」と取り繕ってしまう。その様子を訝しんだ沙弥香は・・・。
(脚本:花田十輝、絵コンテ:あおきえい、演出:渡部周、作画監督:仁井学)

TVアニメ『やがて君になる』は、AT-X、TOKYO MXほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)2018 仲谷 鳰/KADOKAWA/やがて君になる製作委員会

あなたにおすすめ