キャイ~ン天野、黄金のキッチンカーで手作りラーメン披露 「さんま師匠にも食べさせたい」

しらべぇ

2018/11/8 20:00




インスタントラーメン「マルちゃん正麺」でおなじみの東洋水産株式会社が8日、東京・六本木でキッチンカー「マルちゃん正麺 GO!」の除幕式を開催。

オープニングセレモニーには料理通としても知られるお笑いコンビ「キャイ~ン」の天野ひろゆき(48)も出演した。

■さんま師匠にも食べさせてあげたい




もともと袋麺はよく食べるという天野は、自身のマルちゃん正麺の思い出を語る。

「世間の関心が袋麺からカップ麺のほうに移っていった時期があって、そんな中でマルちゃん正麺が出たとき『袋麺が進化している!』ってすごい話題になったんですよ。

僕も気になって買いに行ったら売り切れで、スーパーにも売ってなくて、これはすごいことになってるなと。なかなかこんなことってないですよね」



芸人仲間の間でも話題になっているそうで、「大先輩であるさんま師匠も気になると言っていて、じゃあ師匠にも持っていきましょうって言ったんですよ。さんま師匠もMr.独身ですから、多分喜んでくれるんじゃないかな。師匠が家でラーメン作ってる姿を想像するとちょっとおもしろいですよね。私にも送っていただいたので、事務所のみんなで美味しく食べさせていただきました」と笑顔を見せた。

■オリジナルキッチンカーとツーショット




金色に輝くキッチンカー「マルちゃん正麺 GO!」がお披露目されると「動く金閣寺みたいですね~! すごいなぁ、パッケージがくるだろうなとは思っていたけど、まさかこんな…」と驚いた様子の天野。

キッチンカーの感想を聞かれると「自分の移動車にしたいくらいですね、これで色んな局を回りたいですよ」と答え、会場の笑いを誘った。

この「マルちゃん正麺 GO!」は、キッチンカーとして今後さまざまなイベントに登場する予定だという。



■オリジナルやみつきレシピに挑戦




除幕式が終わると、料理レシピ動画アプリ「クラシル」チーフフードプランナーの高山彩さんがステージに登壇。5種類のマルちゃん正麺公式のやみつきレシピを紹介し、そのうちの一つである「豚バラネギ醤油ラーメン」を実際に天野が調理することに。



自らレシピ本を出すほど料理好きで知られる天野。慣れた手際で調理を終え自ら試食すると「美味い! これはインスタント麺の進化の過程がわかりますね。まさか自分で作って自分食べてエンディングを迎えるなんて思わなかったですけど。これ、一人暮らし時代の私の生活のドキュメンタリーみたいですね(笑)」と笑った。

肝心の味については「マルちゃん正麺はいわばすっぴんの魅力。シンプルな素ラーメンのうまさなんですよ。スープと麺のマッチングが本当に素晴らしい。インスタント麺としての魅力もあるし、ベースが美味しいから色んな風にアレンジもしやすい。ちょっとウド(鈴木)ちゃんにはレベル高いかもしれないけど」と、相方イジりを交えつつ語った。

■天野会でも振る舞いたい




料理好きな天野が定期的に開催しているという、自宅に仲間を集めて手料理を振る舞う「天野会」。しかし「三瓶くんは福島に戻って、平愛梨ちゃんはトルコに行っちゃったので、残ったのは矢部太郎だけ。でも矢部太郎も人気で忙しいから、誰も集まってくれなくなっちゃった」と残念顔。

「でも、またみんなが東京に集まったときにでも食事会をやりたいです。お鍋をやって、シメにマルちゃん正麺なんてのも良さそうです」と話を締め括った。

・合わせて読みたい→海苔漁師が教えてくれた『インスタントラーメンを猛烈にウマくする方法』が最高に美味

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま

あなたにおすすめ