オーストラリアの女性、自然分娩で5,755グラムの赤ちゃんを出産

児童虐待などのニュースが絶えない中、心がほっこりするような話題がオーストラリアから飛び込んできた。このほどシドニー西部の病院で、医師や助産師らが驚くビッグベビーが誕生した。『news.com.au』『Mirror』などが伝えている。

ニューサウスウェールズ州シドニー郊外リバーストーンに住むニッキー・ベルさん(28歳)とマイケルさん(30歳)に、めでたく第2子となる男児が誕生した。

11月1日に39週と3日で生まれたパーカー・ジェイムズ君は、体重が5,755グラムのビッグベビーで、ブラックタウン病院の医師や助産師らは「こんな大きな赤ちゃん、初めて!」と驚きながらも、パーカー君が元気に産まれてきてくれたことに大きな喜びを露わにした。

ニッキーさんとマイケルさんの間には長女マディソンちゃん(1歳8か月)がいるが、ニッキーさんはマディソンちゃんを41週と3日目で出産したという。パーカー君は24週のスキャン検査で既に体重3,500グラムに達しており、「40週を超えていたらきっと6,000グラム以上に成長していただろうから、39週で生まれてくれて良かった」とベストなタイミングで産まれてくれたパーカー君に安堵したようだ。

今回、ニッキーさんは自然分娩で鎮静剤を一切使用せずに陣痛から2時間半でパーカー君を産んだ。特に大きな赤ちゃんを自然分娩で産むとなると出産時の痛みが倍増するのではと思ってしまいがちだが、そのことについてニッキーさんはこのように語っている。

「どの出産も痛みを伴う大変なこと。体重の大小は関係ありません。他の母親たちも大変な思いをして子供を産んでいるのです。だから今回の出産が特別に辛かったということではありません。」

ニッキーさんとマイケルさんは、大きく産まれたパーカー君が今後どのように成長してくれるのかとても楽しみにしているようで、「これで身長も高くなったら、フットボール選手になれるかしら。ポジションはスクラムを支える最前列のフロントローね。そしたらパパも大喜びよ」と笑っている。パーカー君は既に自宅に戻っているが、Blacktown Midwifely Group(ブラックタウン助産師学グループ)のFacebookにパーカー君の写真が投稿されると、ユーザーらからは驚きと祝福の声があがった。

「わぁ! 既に生後6か月並みの大きさ!」

「コロコロだね!」

「お母さん、お疲れ様。出産後の笑顔がとっても素敵!」

「スーパーウーマンだ!」

「なんてゴージャスなベイビーなの!」

今後もパーカー君が愛溢れる家族のもとで、すくすく元気に育ってくれることを願いたい。

画像は『Blacktown Midwifery Group 2018年11月3日付Facebook「NEW RECORD This gorgeous chunky boy was born on Thursday to one of our MGP Mums, Nikki.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ