『飲むカレー』の販売に驚きの声 「まさか本当に作るとは」「比喩じゃなくなった」

grape

2018/11/8 18:07

某タレントさんの「カレーは飲み物だ」という発言に賛同するカレー好きは多くいます。

中にはレトルトカレーをパックで持ち歩き、ストローで飲む人もいるのだとか…。

そんな「カレーは飲み物だ」と思っている人に朗報です!なんと、本当にカレーが飲み物になってしまいました。

本当にカレーが飲めるなんて…

飲めるカレー『フェリシモ 神戸発 飲むカレー CARRY CURRY(以下、CARRY CURRY)』を共同で開発したのは、ユニークな商品を販売しているフェリシモとデザイン事務所のNOSIGNER。

「無性にカレーが食べたい!」というカレー欲に駆られた人たちが、場所を問わず、カレーをかっこよく持ち歩き、飲めるようにと企画された商品なのだそうです。

味はトマトピューレや国産玉ねぎを使ったトマト風味。

スクリューキャップのフタが付いた缶に入っているため、バッグやリュックに入れて持ち歩くこともできます。

『CARRY CURRY』の販売に、ネット上では驚きの声が上がっていました。

・「カレーは飲み物」が比喩表現ではなくなった…。

・カレーが本格的に飲み物と化していて笑った。

・まさか本当に飲み物になるとは。

・持ち運びもしやすいなら、いつでもカレーが飲めるな!

『CARRY CURRY』はフェリシモのECサイト『EVERYTHING FROM.JP』にてネット販売を行っています。

カレーを飲みたいと思っている人は、ぜひチェックしてくださいね!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ