大島優子、海外生活は「人生チャレンジ」ロードトリップも体験

ザテレビジョン

2018/11/8 16:30

女優の大島優子が、都内で行われたスマホ向けシミュレーションRPG「ファントム オブ キル」新CM発表会に登壇。CM撮影の裏側を明かすとともに、今年1年を振り返った。

大島は「ゲームの中に私が入ったみたいな世界観で、監督にも(最後の一言の)『ん?』っていうところを『もっとかわいく、もっとかわいく』って言われて、『あっ、全然かわいくできてないんだ』と最初は思いました(笑)」とあいさつした。

ゲームの誕生から4周年、同席した今泉潤プロデューサーは「新規のユーザーも既存のユーザーも大事にしていくゲームだよと。だから4年続いたんだよというメッセージを込めて…ここで4年もたったのに、“国民的大島優子”を使えるというゲームなんだよというのがメッセージとして…」と最大級の表現で大島を迎えたことを明かした。

そんな表現に大島は「私、全然国民的じゃないですから(笑)」と恐縮しながらも、「私もAKB48を卒業してから4年なので、同じく4年の歳月というものを感じながら歩いてくださいと言われたんですけど、監督さんに」と自身との共通点を挙げながら、CMの見どころを解説した。

そして今回、久しぶりのイベントの登場となった大島。「たくさん集まっていただいて、本当にうれしいですね。皆さんに久しぶりにカメラを向けられて、シャキッとしましたけど、久しぶりにこれぐらいのフラッシュを浴びて身がキュッとなりました」と笑顔で告白。

またMCから「今年振り返ってみていかがでしたか?」との質問も寄せられた。

「いろんな人生チャレンジといって、アメリカで海外生活をさせていただいて、いろんな経験もさせていただいて、こうやって待ってくれているファンの皆さんの前に戻ってこられたことをうれしく思いますし、待ってくれていた皆さんにとっても感謝していると、改めて帰ってきてから思いました」と報告。

さらに海外での生活について「ロードトリップしました。アメリカでは自分で車の免許を取って、自分で車を運転して10日間くらいかけて縦横断してみようという経験をしました」とアクティブな暮らしをしていたことを明かした。

10月17日に30歳の誕生日を迎えた大島に、今後の目標についても質問が飛んだ。

「プライベートでは、ゆっくり心地いい生活ができればいいなと(笑)。毎日楽しく笑っていられたらいいなと思いますね。お仕事では、改めて自分の気持ちに気合を入れてやっていきたいなと思っているんですけど、まだ本格的にお芝居を始めていないので、いろんな経験を踏まえてどんなふうに自分が皆さんにお見せできるのか不安と期待でいっぱいです」と意外な心境を口にした。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/167738/

あなたにおすすめ