金曜は雷雲発達 通勤や帰宅時に激しい雨も

日直予報士

2018/11/8 16:32

9日(金)は前線の通過に伴って、各地で短い時間にザーザーと雨脚が強まります。朝の通勤や夕方以降の帰宅時に雨のピークとなる所もあり、局地的な激しい雨や落雷、突風にも要注意。

●寒冷前線 金曜にかけて通過

きょう8日(木)は午前中を中心に晴れた所が多くなりましたが、午後は西から雲が増えてきました。午後4時現在、対馬海峡付近に発達した雨雲や雷雲があります。これは寒冷前線に伴う雨雲で、あす9日(金)にかけて日本列島を東進し、広い範囲に強い雨や雷雨をもたらすでしょう。ポイントは「降る時間は短くても降り方は強い」「落雷、風向き急変、突風注意」「南風で気温上昇」です。

●地方ごとの雨の見通し(九州~東海)

九州は今夜、広い範囲で雨が降り、バケツをひっくり返したように激しい雨の降る所があるでしょう。あす9日(金)の明け方にかけては雷が落ちて停電が発生したり、竜巻などの激しい突風が吹いたりすることが考えられます。あす日中は天気が回復し、南部では最高気温が25度以上の夏日となる所があるでしょう。中国地方は今夜からあす朝にかけて、四国は今夜からあす昼ごろまで雨や雷雨があるでしょう。局地的にはカミナリを伴って激しい雨が降りそうです。近畿や東海、北陸は、あすに日付が替わる頃から雨の降りだす所があり、日中にかけて発達した雨雲や雷雲がかかるでしょう。短い時間に土砂降りの雨となり、カミナリが鳴ったり突風が吹いたりしそうです。近畿では雨や風のピークが、朝の通勤や通学の時間と重なる可能性もあります。なお、北陸は25度近くまで気温の上がる所がありそうです。

●地方ごとの雨の見通し(関東~北海道)

関東は、今夜は千葉や茨城など沿岸部で雨の降る所がありますが、広い範囲での雨はあす昼前から夕方にかけてです。前線の進む速度によっては夜の帰宅時まで雨が残っているかもしれません。神奈川や千葉など沿岸部を中心にザーザー降りとなる所があるでしょう。tenki.jpの雨雲の動きや豪雨レーダーをこまめにチェックするとよさそうです。東北や北海道は、日本海側では昼前から雨の降りだす所が多く、太平洋側も午後は次第に広い範囲に雨雲がかかるでしょう。落雷や突風、ひょうが降ることも考えられ、北海道は10日(土)の朝にかけて、この時期としては雨の量が多くなるおそれがあります。発達した低気圧が近づくため、南または東よりの風が強まるでしょう。体が濡れやすい雨となりますので、タオルなどを用意して体を冷やさないよう、お気をつけください。

なお、寒冷前線通過後は一時的に寒気が流れ込みますが、平年並みの強さで、極端に寒くなることはないでしょう。ただ、前線の通過前に気温がグンと上がる所がありますので、雨が降る前と後では、気温の変化が大きくなりそうです。重ね着をしたり、羽織る物を用意したりと、調節しやすい服装がよいでしょう。

あなたにおすすめ