スタバがUber Eats導入、デリバリー開始へ

スターバックス コーヒー ジャパンは11月8日、Uber Eatsの導入など、新たな複数の取り組みを発表した。

今回発表されたのは、日本市場において、売上および利益成長を加速し、顧客体験の価値向上を進めるための鍵となる新たな取り組み。これらの取り組みを通して高成長を維持し、今後3年間にわたり年100店舗の新規店舗をオープンし、2021年末までに1,700店舗を目指す計画だという。

発表された取り組みは次の通り。

・年間 100店にのぼる新規出店を継続して日本市場をさらに強化
・国内初となる、コーヒーの世界を五感で体験できる「スターバックス リザーブ ロースタリー」は 2019年2月28日オープン
・2018年11月9日より、Uber Eatsの導入により、東京でデリバリーサービスのトライアルを開始
・2019年、LINE株式会社と提携し、デジタル領域でのイノベーションを加速。
・「モバイル・オーダー・アンド・ペイ」のトライアルも2019年中にスタート

現在、東京・中目黒にて準備が進められている国内初店舗の「スターバックス リザーブ ロースタリー」は、2019年2月28日の開業が決定。同店は建築家・隈研吾氏とのコラボにより一から建物を設計・建築を行った初めてのロースタリーで、“国内最高峰のコーヒー体験を叶える場所”になる予定だ。

また、Uber Eatsの導入は、まず、11月9日から新宿2店舗、六本木1店舗の東京都内の全3店舗においてトライアルをスタート。2年間でデリバリーサービスの拡大を目指していく。

あなたにおすすめ