「新語・流行語大賞」にノミネート『ご飯論法』とは?

AbemaTIMES

2018/11/8 15:30


 7日、「2018ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語が発表された。エンタメ界からは、ドラマ『 おっさんずラブ 』や映画『カメ止め(カメラを止めるな!)』、スポーツ界からは『悪質タックル』『金足農旋風』『そだねー』、ニュース界からは『首相案件』『計画運休』『スーパーボランティア』、ネット界からは『TikTok』『#MeToo』など、各界で話題になった言葉が選出された。

その中で、ネット界からノミネートされた言葉のひとつ「ご飯論法」をご存知だろうか。法政大学の上西充子教授がTwitterで紹介した言葉で、例えば以下のようなやり取りを指す。

Q.朝ごはんは食べなかったんですか?

A.ご飯は食べませんでした(パンは食べたが、それは黙っておく)

Q.何も食べなかったんですね?

A.何もと聞かれましても、どこまでを食事の範囲に入れるかは、必ずしも明確ではありませんので…

 こうした受け答えが「国会で論点をすり替える答弁にあたるのではないか」として話題になり、「『平易な言葉なのに、なに喋ってるのかよくわからん』状態に名前がついた気がした」といった声もあがっている。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎ スーパーボランティア尾畠さん、流行語候補に不満?

あなたにおすすめ