息子を『マザコン』にした姑 子育てについての持論に、嫁が切り返す!

grape

2018/11/8 13:11

娘のおみそちゃんと、マザーコンプレックス(以下、マザコン)な夫・えびすくんと一緒に暮らしているwasabi(wasabi_akigasuki)さん。

結婚前、お姑さんを連れてプロポーズをしてくるなど、夫とお姑さんの距離感がおかしいことに気付きます。

しかし、マザコンという点を除けば、wasabiさんにとって理想的な夫。悩みましたが、2人きりの時に夫の「いい点」を再認識してwasabiさんは結婚しました。

その後、幸せな夫婦生活を送れるかと思いきや、wasabiさんはクセの強いお姑さんに日々振り回されてしまうのです。

自分の希望を押し通そうとするお姑さん

友達の結婚式に出席する予定のwasabiさん。ドレスを新調するつもりだったのですが、話を聞いたお姑さんから古い着物を勧められてしまいます。

また、娘さんの七五三の時用として肩パッドの入ったスーツまで渡されそうになりました。

wasabiさんは遠回しに断りますが、それでも、お姑さんはwasabiさんの家まで着物を届けようとしてきます。

なんとか阻止しようとしたwasabiさんは、お姑さんが来る前に電話で連絡を入れたのですが…。

「いうことを聞かない嫁は、いい嫁ではない」と圧力をかけてきたお姑さん。

wasabiさんは言葉を選びつつ、なんとかお姑さんに自分の答えを伝えます。

お姑さんの思い通りにならなかったwasabiさん。

するとお姑さんは、謎の行動の後、なぜか泥団子作りを提案しました。

泥団子作りを通して嫁に伝えたかったこと

泥団子のヒビは誰が直す?

泥団子作りを通して「息子をいかに大切に育ててきたか」をwasabiさんに伝えようとしたお姑さん。

「心に入ったヒビは修復し、キレイな形に整えることが親の責任だ」と説明しながら、家庭の調和を乱すwasabiさんの行為をしかりました。

お姑さんの話は、子ども思いな『いい話』に聞こえます。

しかし、親がいなくなった時、子どもは自分の心のヒビをどうしたらいいのでしょうか。

心の修復の仕方を知らずに育った子どもは、親がいないと心が壊れたままになってしまいます。

子どもはさまざまなことを学び、1人でも生きて行けるように自立する必要がある。

wasabiさんは娘さんのことを思うからこそ、自分で心を修復できるようになってほしいと考えています。

その手伝いをすることこそが、本当の親の役割だといえるでしょう。

漫画を読んだ人たちからは、たくさんの応援メッセージが届いています。

【ネットの反応】

・負けるな、wasabiさん!

・「年上に歯向かわないのがいい子」とか、基準がおかしい。

・子どもをマザコンに育ててしまうのは、親のエゴなんだなあと思いました。

・過保護で自信過剰なお姑さんに怒りを感じます。

考えかたが合わないお姑さんとの関係は大変なものです。

夫や娘さんのために頑張るwasabiさんを応援したくなりますね。

wasabiさんは、このほかにも多数のエッセイ漫画をInstagramに公開しています。気になった人は、ぜひご覧ください。

Instagram:wasabi(wasabi_akigasuki


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ