Reiと佐々木亮介(a flood of circle)が弾き語りで初競演『ACOUSTIC-SHUFFLE NIGHT in Osaka』

SPICE

2018/11/8 12:00

『ACOUSTIC-SHUFFLE NIGHT in Osaka』2018.10.12(FRI)梅田Shangri-La


10月12日、大阪のライブハウス・梅田Shangri-Laにて、Reiと 佐々木亮介(a flood of circle)による弾き語りツーマンライブ『ACOUSTIC-SHUFFLE NIGHT in Osaka』が行われた。佐々木自身も「Reiちゃんと俺なんて激渋じゃん!」と言う、この貴重な顔合わせには関西の音楽ファンが反応し、チケットはもちろんソールドアウト! そんな満員の会場を2人が存分に熱くした一夜をレポートする。
Rei
Rei

先にステージに現れたのはRei。まずはどこかエキゾチックな旋律と、突き刺さる歌声とウィスパーのアップ&ダウンで彩る「Pay Day」でライブをスタートさせる。すると会場の意識はいっきに彼女に集中! 続けて「MOSHI MOSHI」、「Love Sick」、「COCOA」の人気曲を連続させ、さらに自身の音世界へ引き込む。彼女のトレードマークであるスキルフルなギターは今日も冴え渡り、ボーカルもスキャットのテイストからシャウトまで変幻自在。「Love Sick」では小刻みに揺れてリズムを取る人やリップシンクする人の姿もあって急速に会場の温度が高まっているのが見て取れる。また思わずイスから立ち上がりそうになっての、のめり込んだアクトには歓声も響く! が、ここで一旦クールダウンのMCへ。「亮介君とは音楽の趣味も合って、シンパシーを感じてます。すごく楽しみにして来ました」と今夜の意気込みを語り、早くもライブは後半戦に突入。
Rei
Rei

アカペラから始まったスケール感ある「Long WaytoGo」、途中3拍子に展開して曲の物語を広げる「Tumblin'」の2曲で再び会場を沸かすと、またしても「JUMP」「my mama」「Route246」「BLACK BANANA」という代表曲ラッシュへ。「JUMP」では、おなじみ“JUMP、JUMP、JUMP”のフレーズで観客を弾ませ、「my mama」ではステージを歩き回っての高速ギター。「BLACK BANANA」では弾き語りの枠を超える熱量で疾走感もたっぷりに《BANANA、NA、NA、NA……》の歌声を耳に焼き付ける。そして11月7日(水)に1stアルバム「REI」発表するといううれしいお知らせを挟んで、ラストはアグレッシブに「NewDays」。コール&レスポンスも起こし爆発力も見せ付けて全11曲を晴れやかに締めくくった。
Rei
Rei

続く佐々木のライブは、“Shangri-Laは大阪の天国”と口上チックなひと節から「Shangri-La Blues」で幕を開け、「Blanket Song」へ。「Reiちゃんはパッと見、天使です。でも俺にはタメ口」とアドリブも切れ味抜群で笑いも起こしつつ、熱を帯びたボーカルで瞬く間に観客をリラックスさせながらも夢中にする。当然MCでも「亮ちゃんと呼んでくれるのはReiちゃんだけです。亮ちゃんです。よろしくどうぞ!」とくだけたムード。またアメリカ・メンフィスでのレコーディングの思い出も交え「ブルースは(世代を超えて)続いているんだなとReiちゃん見て感じます」とReiの魅力を語る。すると今度は「I’m Not The Only One」(Sam Smith)の消え入りそうなギターとファルセットで求心力を発揮。さらに「Lovely Hour」の滑らかなギターとソフトな歌声で、観客をグッと聴き入らせる。
佐々木亮介(a flood of circle)
佐々木亮介(a flood of circle)

そして「大阪もブルースシティですよね。大阪のブルースやっていいですか?」と、哀愁を漂わせて「悲しい色やね」(上田正樹)から、湿度も高めに「39」(ウルフルズ)へのリレーで大阪人のハートをわしづかみ! 一層観客が没頭すると、自身のバンド・a flood of circleのナンバーも2曲披露。11月7日(水)にリリースする新作の曲「DEAR MY ROCKSTEADY」ではシンガロングも聴こえてきそうなアンセミックな質感にノイジーなギターをのせ、次の「Honey Moon Song」では立ち上がりマイクを外して熱唱し、どちらも曲後に大歓声が発生する。そんななか最後の曲には中島みゆきの名曲「ファイト!」をセレクト。静かなスタートから徐々に蓄熱しラストには《ファイト!》の叫びを会場に突き抜けさせ、約1時間のステージは沸点を越えたまま打ち上がった。
佐々木亮介(a flood of circle)
佐々木亮介(a flood of circle)

そしてこの日のアンコールはReiと佐々木のセッション! 「お客さんを笑わせるのとかおもてなしするのがすっごく上手じゃないですか?」(Rei)、「俺のことお笑い芸人だと思ってる(笑)?」(佐々木)など、2人の仲の良さが伝わるトークも繰り広げられてアットホームな雰囲気だ。


この空気感のなか、鳴らされたのは「Stand By Me」(Ben E. King)と「Got My MOJO Working」(Muddy Waters)の2つ名曲。観客は最後に2人のハーモニーも、2人が並んで掛け合うギタープレイも、コール&レスポンスも堪能し、満足感200%で『ACOUSTIC-SHUFFLE NIGHT in Osaka』は幕を下ろした。

取材・文=服田昌子 撮影=田浦ボン  

あなたにおすすめ