2018年『流行語大賞』ノミネートが発表! 「聞いたことないけど!?」の声も

grape

2018/11/8 11:01

年末になると毎年発表される、ユーキャンが主催する『流行語大賞』。

1年間に発生した多種多様な言葉の中から、広く大衆に親しまれた新語や流行語が選ばれます。

2018年11月7日、『「現代用語の基礎知識」選 2018ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート語30語が発表されました。

いろいろな出来事があった、2018年。ノミネートの中に、あなたが「一番流行っていた!」と思う言葉はありますか。

2018年の『流行語大賞』ノミネートが発表!

・あおり運転

・悪質タックル

・eスポーツ

・(大迫)半端ないって

・おっさんずラブ

・GAFA(ガーファ)

・仮想通貨/ダークウェブ

・金足農旋風

・カメ止め

・君たちはどう生きるか

・筋肉は裏切らない

・グレイヘア

・計画運休

・高プロ(高度プロフェッショナル制度)

・ご飯論法

・災害級の暑さ

・時短ハラスメント(ジタハラ)

・首相案件

・翔タイム

・スーパーボランティア

・そだねー

・ダサかっこいい/U.S.A.

・TikTok

・なおみ節

・奈良判定

・ひょっこりはん

・ブラックアウト

・ボーっと生きてんじゃねえよ!

・#MeToo

・もぐもぐタイム

平昌オリンピックでで銅メダルに輝いた、カーリング女子日本代表『LS北見』の掛け声「そだねー」や、ハーフタイムの栄養補給を指す「もぐもぐタイム」。

また、高い人気を博したTV番組『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)や、『みんなで筋肉体操』(NHK)のキャッチコピー「筋肉は裏切らない」もノミネートされています。

明るい言葉もある一方、「あおり運転」や「悪質タックル」「#Me Too」といった社会問題に関するものも見られます。

過去3年の流行語大賞

【2017年の年間大賞】
・インスタ映え
・忖度

【2016年の年間大賞】
・神ってる
・聖地巡礼

【2015年の年間大賞】
・爆買い
・トリプルスリー

中には現在も使われている言葉もありますが、こうしてみると、どれも懐かしい言葉ばかりです!

2018年の流行語大賞ベスト10が発表されるのは、12月3日。1年間を代表する言葉が一体何になるのか、気になりますね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ