就職活動などで「圧迫面接」を受けたことがありますか?

TOKYO FM+

2018/11/8 12:00

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。11月7日(水)の「社会人意識調査」のテーマは「圧迫面接を受けたことがありますか?」。はたして、その結果は……?
(TOKYO FM「Skyrocket Company」2018年11月7日(水)放送より)



番組パーソナリティを務める本部長・マンボウやしろ(右)と秘書・浜崎美保(左)

Q.圧迫面接を受けたことがありますか?

はい  22.5%
いいえ 77.5%
(回答数:479票)

◆「はい」に関する意見
「初めての会社面接が、まさに圧迫面接でした。そのときは個人面接で、すでに私の前にいた面接待ちの就活生が、『よし!』と気合いを入れて部屋に入って行きました。数分後、彼女が目を真っ赤にして顔を押さえながら出てきたのを見て、『これは、もしや……』と嫌な予感で頭がいっぱいに。部屋に入ると、足を広げてだらしなく座るオジサンが1人。社員の数から会社の歴史など細かい質問をされ、少しでも詰まると『この仕事向いてないんじゃない? やる気あるの?』と怒鳴られました。仮に、採用されても、この方の下で働きたくないと思い、『向いてないかもしれません』と告げて断りました。経験できて良かったと思いますが、苦い思い出です」
(埼玉県 30歳 男性 イラストレーター)

「私にとって、面接は苦しく辛いものでしかありません。あるときは『結婚する予定は? その歳なら、まだ子どもを産む予定あるよね?』など、ひたすら女性を差別するかのような面接。そもそも、なぜこのような質問をするのでしょうか? 意味がわかりません。また、あるときは、私が話しているときに、足組み、貧乏ゆすり、腕組み、中には寝ている面接官もいました。こんな態度をされて腹が立った私は、椅子を蹴り上げようと思いましたが、泣きながらその場を出ました。あのおっさんたちは何様なんでしょうか? もう二度と就活はしたくありません。嘘つき大会の面接に何の意味があるのでしょうか? 私は世の中の面接を変えたいです!!」
(千葉県 28歳 女性 アルバイト)

「ついこの間まで、就活生でした。面接室に入った瞬間から頬杖をついていた面接官に、中・高・大学で続けた吹奏楽部での話をしたら、『吹奏楽をしてる人多いけど、何が面白いわけ? 理解できないんだよね』と威圧的に言ってきました。こっわ……と思いながら、一生懸命自分の考えを話しました。しかし『論破してほしいんだよね、僕を』と、さらに威圧され……。なんとか面接を終えたものの、電車の中で涙がポロリ。結果は不合格でした。今考えれば、その面接官は『理解できない』というわりには、吹奏楽の有名な作家のことを知っていて、本当は詳しそうでした(笑)。でも、この威圧的な面接があったからその後の面接を頑張れたし、第一志望の会社に合格できたので、良しとします! 次の就活生には、どんなに威圧的な雰囲気でも、負けずに頑張ってほしいです!」
(福岡県 22歳 女性 学生)

◆「いいえ」に関する意見
「若かりし頃、私は世の中をナメていました。そのときの一次試験、二次試験は、Tシャツ、ジーパン、ロン毛で行きました。面接官から『なんでそんな格好で来たの?』と聞かれ、私は『バイトの合間に来たので着替える時間がないのと、終わったらすぐにまた行かなければいけないからです。格好で落とすなら、それまでだと思っています』と答え、見事合格しました。ちなみに、倍率が高かったらしく、120人ぐらい受けて5人しか採らなかったらしいです。数年後、当時の面接官の方と飲む機会がありまして『後にも先にも、あんな格好で面接に来たやつはいない!』と笑われました。若いって怖いですね! 今もその会社にお世話になっています」
(千葉県 43歳 男性 団体職員)

「3年ほど前、とある中小企業の人事に関わっており、面接官もさせていただいておりました。そのときの経験から思うことは、圧迫面接なんてありえない!!ということです。この時代ですから、面接者から些細なことでもクレームが来るようです。面接する側もいろいろ気を遣っているんですよ~」
(東京都 38歳 女性 パート)

「某大手会社に勤めていて面接官をしていた祖父の話です。面接では、わざと嫌な言い方や質問で怒らせたりしていたそうです。それは、商談などのときに相手が常にフレンドリーなわけではなく、やはり嫌味を言ってくる人もいて、それにどれほど対応できるかを試していたそうです。そんな面接に怒って、『もういいです』と帰ってしまう人もいたみたいですが、そういう人はやはり営業などで失敗しがち。商談中に自分の感情だけで仕事をしてしまうと会社の将来に関わってくるため、あえてそんな面接をやっていたそうです。これから面接を受ける方! わざとやっている人もいるので試されているかもしれないですよ!」
(神奈川県 24歳 女性 会社員)

番組リスナーの投票による結果は「はい」が22.5%、「いいえ」が77.5%と、圧迫面接を受けたことがあるという人は2割ほどとなりました。面接者の感情をあおるような質問や態度をあえてして、その対応を見る圧迫面接。中には悪質なケースがメディア等で取り上げられ、たびたび物議を醸していますが、あなたは圧迫面接は必要だと思いますか?

【20~30代は「はい」が3割近く】
男女別で見てみると、「はい」と答えた人の割合が男性では21.4%、女性では24.2%と、男性より女性のほうが若干高い模様。また、世代別で「はい」と答えた人の割合を見てみると、20代では27%、30代では29%、40代では19.1%、50代では17.8%と、20~30代では3割近くが圧迫面接を経験していることがわかりました。

◆アンケートの詳しい結果はこちらからご覧いただけますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

◆11月8日(木)の「Skyrocket Company」アンケートテーマは「初デートで、割り勘はアリ? ナシ?」です。投票はこちらから受け付けていますので、ぜひご参加ください。結果は番組内で発表しますので、お聴き逃しなく!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年11月15日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜~木曜17:00~19:52
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:http://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter:@Skyrocket_Co

あなたにおすすめ