ホリエモンが明かす“東大合格”メソッドに「本当に神」

Entame Plex

2018/11/8 10:39



11月6日、AbemaTVで“東大合格”を目指す受験ドキュメンタリー番組『ドラゴン堀江』#1が放送された。

新番組『ドラゴン堀江』は、高校3年生の夏の時点で“E判定やF判定”だったにも関わらず、見事、東京大学文学部の現役合格を果たした、実業家の“ホリエモン”こと堀江貴文が、独自の“堀江メソッド”により、たった半年間という短い期間で若手タレントたちを“東大合格”へと導き、また堀江自身も東大受験に挑む受験ドキュメンタリー番組。

この日の初回放送では、自身の東大合格だけでなく、3人も同時に合格させると宣言した堀江の考えや、この短い期間で東大合格を目指す3人の若手タレントを決める受験者オーディションの模様をお届けした。1年前、AbemaTVの番組に出演した堀江は、その後の打ち上げで「俺は(東大合格するのに)1年もいらない、1ヶ月でいい。1ヶ月で受かるから! 誰だと思ってるんだよ」と宣言。さらに堀江は自身の東大合格だけでなく、「3人受からせることができる」と答えた。

後日、堀江のもとを尋ねたスタッフが改めて自信のほどを確認すると、堀江は「ちょっとは勉強しなきゃいけないですけど。インターネット番組の企画で、センター試験を2年連続で受けたんです。国語と英語と社会だけですけど。それでだいたい全部で8割5分くらいとったんですよ。足切りはクリアできるんですよ、8割5分くらい取れていれば。ということは、2次試験も国語、英語、社会は多分いける」と答え、懸念は数学だけと語った。



初回放送から次々と明かされる“堀江メソッド”に対し、視聴者からは「かっけぇー」、「これで合格したら本当に神だな」といったコメントが多数寄せられた。

そのほか、堀江が語った“文系”の人が苦手とする数学の試験の解き方や、受験者オーディションの模様は「Abemaビデオ」より無料で視聴が可能なので、ぜひチェックを。

(C)AbemaTV

あなたにおすすめ