松屋の『牛鍋膳』は吉野家の『牛すき鍋膳』と全然違った / チェーン店の1人鍋ぜんぶ食う:第2回



昨日は鍋。今日も鍋。明日もきっと鍋……。そんな生活を送っている私(和才)。鍋が好きすぎるために、目についた1人用の鍋をことごとく食べまくっているのだが、その中でも松屋の『牛鍋膳』に今回はスポットを当てたい。

松屋といえば、牛丼チェーン。牛丼チェーンといえば吉野家が先駆けだから、「松屋も吉野家も同じようなもん」と思っている人がいるかもしれないが……特に牛鍋に関しては全然違うのだ。

・野菜の分量に注目
その違いは、パッと見でわかる。

松屋の方はシンプルだ。牛肉がメインで豆腐&玉ねぎ、上に青ネギがパラパラと振りかけられている。かたや吉野家は白菜、ネギ、ニンジン、玉ねぎ、水菜……と、どう見ても野菜が多い。吉野家は牛肉の量も多かったのだが、野菜の量も種類も明らかに松屋より多い。

なんで吉野家の方は野菜が多いのだろう? ってことを考えると……こんな風に思ったりもする。

こ、これは……!

意識している!

吉野家は意識している!

昨今の健康ブームを!!

もっと言うならば……

そこはかとなく狙ってやがる!

女性層を!!

一方、松屋に “急にませた” ようなところはない……ような気がする。牛鍋を見る限り、「とにかく牛を食らえ! あとは豆腐に玉ねぎでもあったら十分やろ!!」って感じの内容で、吉野家に比べると実に男らしい。また、吉野家の割り下が甘めなのに対して松屋が甘さ控えめなのも、どこか男らしさを感じてしまう。

そして価格を見ると、吉野家の『牛すき鍋膳』は690円(並)松屋の『牛鍋膳』は590円。薄利多売の吉野家が打ち出した690円から、さらに100円引きの590円。価格もまた、松屋は実に男らしい。

・3つの “牛すき鍋系1人鍋” を比較
ここで、以前の記事で紹介したやよい軒の『すき焼き定食』(890円)と、吉野家の『牛すき鍋膳』(並690円)、松屋の『牛鍋膳』(590円)の3つを比較してみよう。あくまでも個人的な感想だが、この3つの中で味やコスパをもとに順位をつけるならば……

1位:やよい軒

2位:松屋

3位:吉野家

……といったところだろうか。理由は以前の記事でも触れたが、やよい軒の『すき焼き定食』の奏でるハーモニーには、吉野家も松屋も太刀打ちできない……早い話が一番美味いと感じたこと。加えて、やよい軒の「ごはん食べ放題」がコスパ面で優秀すぎることだ。

また、吉野家よりも松屋を上にした理由は、“安さ” が大きい。確かに、吉野家の方が野菜は多いが、その野菜が肉とうまく調和しているかと聞かれると、正直なところ「そうでもないかな」という印象だったため、「野菜が多いことよりも、値段が安い方が個人的にはありがたい」となった次第。

・すき家は11月14日に『牛すき鍋定食』を発売予定
ちなみに、牛丼三大チェーンの一角・すき家は、11月14日販売に『牛すき鍋定食』を販売予定。したがって、今年はまだすき家の1人用の鍋は販売されていないのだが、店頭で提供され次第レポートしよう。

それから、私は主だったチェーン店の1人鍋を全部制覇する予定だが、途中で気づいたことがあったら今回のように報告しつつ、最後に全まとめを紹介したい。あくまでいち意見であるものの、鍋が好きな人は参考にしてみてくれ。

参考リンク:松屋『牛鍋膳』、吉野家『牛すき鍋膳』、やよい軒『すき焼き定食
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ