向井理、初共演の渡部篤郎といい出会い「また一緒にやりたい」


11月11日よりWOWOWプライムでスタートする『連続ドラマW パンドラIV AI戦争』(毎週日曜 22:00~ 全6話 ※第1話は無料放送)の第1話完成披露試写会が7日、都内で行われ、向井理、黒木瞳、美村里江、三浦貴大、山本耕史、原田泰造 、渡部篤郎、脚本家の井上由美子、河毛俊作監督が登壇した。

革命的な発明により、"パンドラの箱"を開いた人々の運命を描く社会派ドラマ『連続ドラマW パンドラ』。シリーズ最新作となる今回は、多くの分野で注目を集めている"AI"がテーマ。医療用AIを開発した男(向井理)を主人公に、医療のAI化を進めるIT界とそれを拒む医学界の対立を描きながら、その将来像をひもとく。

主人公の内科医で人工知能を開発する鈴木哲郎役の向井は「10年続いている『パンドラ』シリーズに参加させていただくことはとても光栄に思っています。プレッシャーというよりも、その一員になれた喜びの方が強く、本当に毎日全力で楽しく充実した日々を送らせていただきました」と満足げな表情を浮かべた。医療用AIを導入したIT企業代表の蒲生俊平役を演じた渡部は「とても難しい役でしたが、何とか出来たのは自分の力だと思っています」と笑わせ、黒木が「渡部さんってそんなに面白い方だったんですね。私はドラマの中で本当にキツイことばかり申し上げて真面目なシーンが多かったんですが、こんなにお茶目なんだと知りました」と撮影とは異なる渡部のコミカルな姿に目を丸くした。

多くのドラマや映画に出演している向井と渡部だが、意外にも同ドラマが初共演となる。お互いの印象を問われ、向井が「怖い人だったらどうしようかな~と思いましたが、怖いというよりフランクで大人なんだけど遊び心がある人でした。この作品中にもお食事にお誘いしてくださったりと、いい出会いをさせてもらいました。今後の俳優人生で、また一緒にやれたらなと強く思いましたね」と好印象の様子で、渡部も「人としてとても誠実な方だと思いましたね。俳優である前に誠実な人間であることがとても魅力的で大事なことだと学ばせていただきました」と話した。

また、向井とは今年5月にNHK総合で放送された『そろばん侍 風の市兵衛』以来の共演となる原田泰造は、向井と対立する役どころで「前の作品はお風呂に一緒に入る役でしたが、今回は同じ空気を吸うのも嫌な役でした。やっていて楽しかったですね」と話し、向井も「全然違う関係で面白かったですよ」と前作とは異なるキャラクター設定に新鮮さを感じたようだった。

あなたにおすすめ