竹内結子6年ぶり連ドラ主演!フジ木10 情報操作し世論味方にするスピン・ドクター役

 女優の竹内結子(38)が19年1月10日スタートのフジテレビ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(木曜後10・00)で6年ぶりとなる連続ドラマ主演を務めることが8日、分かった。

 竹内が演じる主人公の弁護士・氷見江(ひみ・こう)は、情報を操作して裏で社会を動かすスピン・ドクター。主戦場は法廷ではなく、パワハラ、セクハラ、名誉棄損、損害賠償などのスキャンダルや社会的トラブルの裏側。窮地に立たされている女性クライアントを社会的窮地から救い出すために奔走する。

 氷見は100歩先まで戦略を仕込み、必要ならば正義のためにうそすら用いて世論を操作する凄腕。人の心を読む驚異的な洞察力を持つ一方で、空気を読まずに相手が誰であろうと歯に衣着せずに言う半面、コロコロ言うことが変わる底抜けの気分屋というクセ者だ。

 竹内は13年の「ダンダリン 労働基準監督官」(日本テレビ)以来、6年ぶりの連続ドラマ主演で、同局では「ストロベリーナイト」以来7年ぶり。「ストロベリー」で演じたハードな犯罪捜査のプロから一転、本作ではクセのある情報操作のプロに挑む。

 竹内は「久しぶりのような感覚があって、お話をいただいた時は“テレビのお仕事だ”って思いました」と笑顔。役柄については「あらゆる情報を操作してイメージを操る、人をプロデュースしているような特殊な役柄。役作りと言うほどでもないのですが、プロデューサーさんやマネジャーさんを見て参考にしていますね。演じる側に気を使ってくださる方々が、どうやって気を使ってその気にさせているのかな、というのを見ています(笑い)」とコメントした。

 演出はPerfumeの作品や星野源の「恋」のMVなどを手掛ける映像クリエイターの関和亮氏。竹内が関氏と初タッグを組み、斬新な映像で描く新感覚ドラマを届ける。

あなたにおすすめ