玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太が“パラレルワールド”に迷い込む 東野圭吾原作『パラレルワールド・ラブストーリー』特報映像&第1弾ビジュアル解禁

AbemaTIMES

2018/11/8 07:00


 この度、映画『パラレルワールド・ラブストーリー』(松竹配給)の公開が2019年5月31日(金)全国ロードショーに決定。さらに、映画の特報映像&第1弾ビジュアルが完成した。


 愛する彼女は自分の恋人なのか?それとも、親友の恋人なのか? 2つの異なる世界<パラレルワールド>に迷い込んでいく崇史(玉森裕太)、麻由子(吉岡里帆)、智彦(染谷将太)の男女3人の姿がついに解禁となる。

 解禁された特報映像では、麻由子との幸せな日々から一変、智彦の恋人として現れた彼女に驚愕する崇史や、思いつめた崇史の表情、向き合う男女のシルエット、何かを振り払う智彦、見つめる麻由子など意味深なカットが続き、「隠された真実」が何なのかと想像をかき立てる。また、第1弾ビジュアルは男女3人それぞれのインパクトある表情が並び、「3人の男女、2つの世界、1つの真実」というコピーとともに、今まで観たことがない衝撃のラブストーリーを予感させる。

今回の解禁に際して、主演の玉森裕太は「ハラハラドキドキの展開に目が離せないと思います。僕も崇史という役に全てをかけて、一生懸命演じました」とコメント。そして、すでに完成した映画を観た原作者・東野圭吾は「完成した映画を観て、うなりました。複雑な構造を持ったストーリーから逃げることなく、見事に真っ向勝負した作品でした。きっと多くの人が、この映画に翻弄されることでしょう」とコメントしている。

その他共演として、筒井道隆、美村里江、清水尋也、水間ロン、石田ニコル、田口トモロヲの出演も発表。崇史をパラレルの迷宮に導いていく重要な登場人物たちを演じている。

原作・東野圭吾 コメント
 本作について、「アイデアが生まれたのは20代。小説にしたのは30代。そして今ではもう書けない」とコメントした時、私は40代だったと思います。それからさらに十数年が経ち、もはや別人の作品のようです。ぶっ飛んだアイデアで、よく書いたものだと感心しますが、映像化となればさらにハードルが上がるはずで、一体どんなものができるのだろうと楽しみにしておりました。完成した映画を観てうなりました。複雑な構造を持ったストーリーから逃げることなく、見事に真っ向勝負した作品でした。監督をはじめとするスタッフの皆さんたちの度胸と自信が伝わってきました。主要人物たちの内面がいずれも極めて複雑にもかかわらず、時に繊細に、時に堂々と演じておられる若い役者さんたちの演技力にも圧倒されました。きっと多くの人が、この映画に翻弄されることでしょう。

ストーリー

研究者の崇史(玉森裕太)は、親友の智彦(染谷将太)に恋人を紹介される。その女性・麻由子(吉岡里帆)は、崇史が以前、密かに想いを寄せていた人だった。嫉妬に苦しむ崇史。ところがある朝に目を覚ますと、麻由子は自分の恋人になっていて、智彦は消えていた……。彼女は本当に自分の恋人なのか? それとも、親友の恋人なのか? 2つの世界に迷い込んだ崇史がたどりつく、隠された真実とは――?

(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

あなたにおすすめ