スパイス・ガールズ再結成ツアーのギャラ判明

スパイス・ガールズのメンバーは、先日発表した再結成公演で各300万ドル(約4億4000万円)超のギャラを受け取るようだ。

エマ・バントン、ジェリ・ホーナー、メル・C、メル・Bの4人のオリジナルメンバーで来夏にイギリスで6公演を行うことを発表した同グループは、1公演につき55万ドル(約6200万円)ほどの収入を得ることが分かった。

米ゴシップサイト・TMZによると、先日発表されたイギリス公演のチケットが今週末に発売開始となった際、人気が集まれば、国外でも公演が敢行されることになるようで、そうなった場合メンバーの収入は各650万ドル(約7億4000万円)は下らないとみられているという。

驚くべきの大金に思えるが、現在ファッションデザイナーとして活躍中のヴィクトリア・ベッカムが加わり、メンバー5人が勢揃いした場合のギャラは1300万ドル(約15億円)にも上ると以前には報じられていた。

そうした中、再結成には参加しないことを決めたヴィクトリアは、メンバーに対する応援のメッセージをツアー発表直後にインスタグラムに投稿している。

「今日はメンバーが2012年以来となるツアー日程を発表した特別な日。私はステージには参加しないけど、スパイス・ガールズのメンバーであることは私の人生にとってとてもつもなく重要なことだから、来年ツアーに出た際、メンバーがたくさんの愛と楽しみに溢れることを心から願っているわ。彼女たちが素晴らしいショーを届けてくれることは確信してるし、昔と今の素晴らしいファンのみんなが最高のひとときを味わってもらえること間違いなしよ!」

あなたにおすすめ