<試写室>「リーガルV」島崎遥香の“表情の変化”にドキッ!

ザテレビジョン

2018/11/8 05:00

「お・あ・ず・け」

美女が男性に言えばキラーワードだが、筆者のような枯れたおじさんが女性に言ったらまずセクハラあたりで訴えられるだろう。

いや、そもそも気安くしゃべりかけただけでもセクハラだろって? 某大ブレーク俳優とは違った意味で“存在が罪”ってことですか…異議あり!

それはともかく、何事も待つことが嫌いな筆者にとって行列に並ぶとか、大好物を前に“おあずけ”されることが何よりも苦痛だ。

特に数少ない趣味である好きなドラマを見る行為がおあずけになって、1週間も待たされるというのはかなりの苦痛、いや苦行だった。

だがその一方で、いい感じに飢えているだけあっておあずけにされてから見るドラマの味は格別だったりもする。何が言いたいか、結論、待てば待った分だけ見られたときの喜びも増幅するってわけだ。

ここ試験に出るから、メモを忘れないように。

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。

今回は11月1日の放送が日本シリーズ中継によって“おあずけ”になり、仕切り直しで11月8日(木)に放送されるドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第4話を取り上げる。

同ドラマは、弁護士資格を剥奪された元弁護士の小鳥遊翔子(米倉)が訳あり弱小弁護士たちをスカウトし、大手法律事務所を相手に勝利(Victory)を懸けた戦いを挑むという次世代リーガルドラマ。

初回15.0%、第2話には18.1%をたたき出し、10月期各話視聴率のトップを奪取し、第3話も15.9%と好調をキープしており、10月クールドラマの“本命”として筆者ならずとも、第4話の放送を心待ちにしていたファンは多い。

※数字は全てビデオリサーチ調べ、関東地区。

■ 第4話あらすじ/11月8日(木)放送

入院先の病院で深夜、峰島興業の会長・峰島恭介(竜雷太)が病死した。その遺産は200億円という天文学的な額だった。

峰島会長は妻と離婚し、遺言書もなかったため、一人息子の社長・峰島正太郎(袴田吉彦)が全額を相続する…という方向で話は落ち着こうとしていた。

ところが斎場に突如、遺族も見知らぬ女性・峰島玲奈(島崎遥香)が現れ、状況は一変する。

昼間は看護師、夜は銀座の高級クラブでホステスをしているという玲奈は、自分は峰島会長の妻で、遺産相続の権利があると主張したのだ。

玲奈によれば、峰島会長が亡くなる前日、正確にはわずか4時間前に婚姻届を提出したという。

法律上、半分の100億円を相続する権利がある玲奈の出現に、正太郎は大慌て。峰島会長に結婚の意志はなかったとして、婚姻の無効と相続権の不在を争点に、玲奈を訴える。

一方、玲奈はお金目当てで付き合っていたわけではなく、結婚に関しても峰島会長から「遺産を譲りたいので結婚しよう」と言われたと断言。

一歩も譲らない構えで、友達の現役ホスト兼パラリーガル・茅野明(三浦翔平)を通し、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉)率いる京極法律事務所に弁護を依頼するが…。

裁判当日、玲奈の指名で担当弁護士になった京極雅彦(高橋英樹)は、人生初の証人尋問に大はりきり。ところが、なぜか茅野が原告側の証人として出廷。

さらに、なかったはずの遺言書が存在することも露見し…!?

最悪の展開が続発する中、なぜ玲奈がそんなにも金を欲しがるのか、疑問に思い始める翔子。

一方、原告側を弁護する大手法律事務所・Felix & Temma法律事務所に所属するエリート弁護士・海崎勇人(向井)は、秘密裏に怪しい動きを見せる。

■ 独断と偏見のレビュー

たぶん、われわれ以上に「おあずけ」された感があるのは、御年65歳にして超ピュアな弁護士・京極先生(高橋)だろう。

いよいよ法廷デビューという情報が出てこちらも1週間。作中で京極自身も法廷に立つことを楽しみにしているが、高橋も「ワクワクしましたね。やったことがないことをやるという行為は、いくつになってもワクワクするんでしょうね!」と撮影前の心境を明かしていただけに、本人も「1週間おあずけか~」と苦笑いしていたに違いない。

そんな京極センセ、同情しようと思ったけど、映像を見て軽く嫉妬。法廷デビューに当たって教え子のJDに囲まれて記念撮影だと…? 法廷で格好いいことを言った後は「キャーキャー」言われて…ズルすぎやしませんかね。

とはいえ、第3話まで見た限りではただの空回り気味な存在感のみの“代表”という印象だったが、実際に出た法廷では格好いいところも。このギャップは確かに人気が出そうだ。

以前より「一度言ってみたかった」と漏らしていた「異議あり!」もだし、まさかの“てんどん”も半端ないって!

そしてメインゲスト・島崎は、今回のキャラを演じるに当たってキャバクラと銀座のクラブを訪れ、所作などを勉強したそう。

なるほど、確かに立ち居振る舞いや、ふとした時に見せる表情がいつもの島崎とは違ったオーラを感じた。この表情の変化にはドキッとさせられた。

ネタバレが怖いので詳細は割愛するが、メークや髪形も含めここまでいろいろな島崎の顔が見られるのはなかなかレアなのではなかろうか。本人的に「一番難しかった」という茨城なまりも味わい深い。

個人的な理由で恐縮だが、とても親近感が湧いたし、一瞬何でこんなになまっているんだっけって思ったのは内緒。

ただ、茨城弁にはうるさい人が割と身近にいるので、それに関してこれ以上の言及は避けるが、一筋縄ではいかなかったであろう難しい役を好演していることは何人が見ても明らかなこと。ぱるるの演技に乾杯。

その他では、法廷シーンで菜々緒がクールにジャケットを脱ぐシーンはご褒美過ぎる。

そのままブ●ンデ●アのCMも撮れそうな勢いでスタスタ歩き…傍聴席を見下ろし、クールにビシッと言い放つ。これだけで大枚はたいてでも傍聴席に行きたくなったのは私だけではなかろう。

ただ忘れないでほしい。実際の法廷に菜々緒パイセンはいないのよ。

ちょっぴりいつもと違った顔ものぞかせる向井演じるエリート弁護士・海崎はもちろん、MVPならぬMDP(みんな・大好き・ポチ)も忘れてはなるまい。

いや忘れるやつはいないだろうけど、こちらもおあずけを食らったポチこと青島役の林遣都ファンは、ここぞとばかりに思う存分キュンキュンしてほしい。

と、どうしても個性豊かな、濃いキャラクターばかりに目がいってしまうが、二転三転するスリリングなストーリー展開が大きな魅力だ。

さすがは「ショムニ」シリーズや「ウォーターボーイズ」シリーズ、そして「華麗なる一族」などを手掛けた実力派脚本家・橋本裕志氏のホンである。

それに実は橋本氏がシリーズ構成を担当していたあるアニメにちなんだ馬名をこっそり?忍ばせるあたりも芸が細かい!

そういう細かいところに目を向ければ、何度見ても新鮮な発見がありそうだ。

さて、そろそろもうこのコラムという名のつぶやきを「おあずけ」しても誰も困らないと思うので、しばらく「おあずけ」しよう。

いや、誰も待っていないから「おあずけ」というより、ただの自粛か。(ザテレビジョン・文=人見知りシャイボーイ)

https://news.walkerplus.com/article/168475/

あなたにおすすめ