石川恋演じる美咲、高田純次と不倫!?『黄昏流星群』第5話で更なる波乱が…

テレビドガッチ

2018/11/8 05:00

佐々木蔵之介が、恋愛ドラマ初主演を務める『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第5話が、11月8日に放送される。

原作は弘兼憲史による同名漫画。短編オムニバスとなっている原作の中から傑作の1つと言われている第1集「不惑の星」をベースに、人生の折り返し地点を通り過ぎた男と女が図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋、その恋を取り巻く大人たちの人間ドラマを丁寧に描いていく。主人公のエリート銀行員・瀧沢完治を佐々木、その完治を献身的に支える妻・真璃子を中山美穂、そして完治が恋に落ちる運命の女性・目黒栞を黒木瞳が演じる。

第4話では、デートに来られなくなった娘・美咲(石川恋)の代わりに春輝(藤井流星)と映画を楽しんだ真璃子。そこで春輝は「美咲ちゃん、ほかに好きな人がいるんじゃないかな」と意味深につぶやく。

一方、関係を先に進めようとホテルに入った完治と栞。乗り込んだエレベーターで完治は美咲と出くわす。美咲の隣には初老の男性(高田純次)がいた……。お互いに気付きバツが悪そうな表情を浮かべる完治と美咲。先にエレベーターを降りた完治はその場で茫然と立ち尽くしてしまう。

父と娘がお互いの不倫現場に出くわすという衝撃的なラストで幕を閉じた第4話。公式サイトで公開されている第5話の予告編では、完治が栞をベッドに押し倒すシーンや、春輝が真璃子にキスをしようとするシーンがあったりと、新たな波乱を予感させる。果たして、完治と栞は一線を越えてしまうのか? 真璃子、春輝、美咲の関係は? そして初老の男性の正体とは?

<第5話あらすじ>
次の朝、完治(佐々木)と美咲(石川)は通勤途中で落ち合う。昨晩の事を問いただそうとする完治だが、逆に美咲から栞(黒木)のことを尋ねられ、答えに窮する。「私は春輝と結婚する、結婚と恋愛は別」と言い放つ美咲に完治はあ然とする。

出社した完治は栞と会い、昨晩の事を詫びる。完治と「一緒にいるだけで楽しい」と答えた栞は週末に山に連れて行って欲しいと頼む。完治は喜んで約束する。だが、家に帰った完治に思わぬ出来事が。美咲が春輝(藤井)も一緒に家族旅行に行こうと言うのだ。完治は栞に電話して山へ行く約束をキャンセル。明るく答える栞だが、その声に完治は寂しさを感じる。

週末、春輝の運転で温泉旅行に出かける完治たち。何事もなかったかのように春輝と話す美咲に完治は苦虫を噛み潰したかの表情。そして、この旅行は瀧沢家の溝をさらに深めようとしていた……。

あなたにおすすめ