キンプリ平野紫耀 衝撃エピソードにスタジオ驚がく 電柱に思い切りパンチを…

 King&Princeの平野紫耀(21)が7日放送の日本テレビ「今夜くらべてみました」(水曜後9・00)に出演。「極貧生活VSお嬢様軍団」の企画に庶民代表として登場し、母親についてや幼少時代について明かした。

 母親は元ヤンキーだったことを明かし、「ママと呼ばないと怒られる」と話した平野。「ママ」と呼ばれず怒ってブチ切れると縦型の掃除機でフルスイングして殴られると明かし、共演者全員が驚がくする場面もあった。

 幼少時はチャレンジ精神がおう盛で色んなことにチャレンジする子供だったという平野。電柱を見ると「パンチをしたい」と思っていたという。「ヤバいやつじゃん」と共演者が反応すると、「なんで堂々とこんな道に立ってるんだ?」と電柱を思いっきり殴って手を骨折したという衝撃のエピソードも明かした。

 さらに、幼少時によく5円玉を食べて母親を困らせていたという事実も紹介。自宅で5円玉を貯金している所に手を入れて、5円チョコと勘違いして丸飲みし、病院に何度か運ばれたという。レントゲンで5円玉が見つかるというエピソードを披露し、共演者を驚かせた。

あなたにおすすめ