宮沢りえ、なぜ「鼻の横のホクロ除去」? ささやかれる「V6・森田剛の影響」のウワサ


 宮沢りえが、トレードマークとも言える顔の“ホクロ”を除去したことが公にされ、ネット上の注目を集めている。ファンの間では賛否両論あるようだが、一部では「今年3月に結婚したV6・森田剛の影響か」ともささやかれている。

「宮沢といえば鼻の右側にあったホクロが特徴的でしたが、11月6日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)は、今年9月から放送されている『ポッキー』(江崎グリコ)のCMに出演する彼女の顔から、そのホクロがなくなっているなどと報道。さらに、宮沢の所属事務所から『ほくろを取ったことは把握しています』という回答があったと伝えています」(芸能ライター)

この件は7日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)でも取り上げられ、ネットユーザーの間でも大きな話題となっている。

「『宮沢の魅力はホクロあってこそだったのに』『ホクロがないだけで、誰かわからなくなった』などと動揺が広がる一方、『目立つホクロだったし、取って正解』『かなりスッキリしたよね』といった好意的な声も寄せられています。ただ、『どうせ除去するなら、もっと早い段階でも良かったのでは?』『なんで今なんだろう?』というように、そのタイミングを訝しむ者も少なくありません」(同)

これに関し、一部では「森田の影響」が指摘されている。

「というのも、かつての森田は左目の下をはじめ、顔に複数のホクロがあったのですが、ある時からネット上で『ホクロがなくなってる!』『除去したのかな?』などと言われるように。そんな森田と結婚した宮沢が今、ホクロを取り除いたということで『宮沢は、夫に勧められて決断したのかも』『森田はホクロのコンプレックスに理解あるだろうしね』『タイミング的に、森田の影響でしょう』といった書き込みが散見されます」(同)

もっとも、森田はホクロの除去を公表しているわけではないが、やはりファンの中には印象が変わったことを「少し寂しい」と思う者もいた模様。

「それでも、森田に対して『ホクロがあってもなくてもイケメン!』という声が多いように、宮沢も『美人』の評価に変わりはありません。となると、あとは自分が満足できることが一番でしょう」(同)

これを機に、宮沢が女優としてさらなる活躍を見せてくれることに期待したい。

あなたにおすすめ