ガツガツはNG!ユルかわハンバーグ女子の攻略法

All About

2018/11/7 21:15

ジワジワと浸透しつつある「ハンバーグ女子」。彼女たちは一体どんな男性を求めているのでしょうか。ハンバーグ女子の攻略法をまとめてみました。

長く付き合いたいならハンバーグ女子がお勧め!

日本ハンバーグ協会が定義し、ジワジワと浸透してきている「ハンバーグ女子」は、ハンバーグのような親しみやすさと、名店から家庭まで色んな顔を持つ多面性、どんなソースとも相性が良いように、誰とでも仲良くなれるのが三大特徴。

あなたの周りにも、ちょっと面倒くさがりだけど、いつも機嫌良くニコニコしている、ユルかわいいハンバーグ女子がいませんか? 自分との付き合い方が上手く、感情の起伏が少ないハンバーグ女子は、長期的な付き合いを望む男性にとっては魅力的に映るはずです。

ハンバーグ女子を好きになったら、どのように攻略していけば良いのでしょうか。まとめてみました。

ハンバーグ女子が好む男性像

ハンバーグ女子は「自分受け」を軸に服を選ぶので、ファッションにこだわりがありますが、アイテム自体はシンプルなものを好むため、好きな男性ファッションもシンプル指向です。

具体的には、UNITED ARROWS、SHIPS、BEAMS、JOURNAL STANDARD、nano・universeなどの、キレイめセレクトショップで買った、カーディガンやシャツ、ボーダーのカットソー、ラインが細めのデニムやコットンパンツを合わせるイメージ。

また性格は人に意見を押しつけずに聞き役に回るような、物静かなタイプを好みます。物静かといっても無口なわけではなく、過去の黒歴史を面白おかしく話せる程度に精神的に大人で、父性愛に溢れる男性像です。

逆に、ガツガツしたいわゆるな肉食系は苦手。溢れる自信をオラオラとアピールされた瞬間に引いてしまいます。

ハンバーグ女子が好むアプローチ

直接的でセクシャルな匂いや、グイグイとアプローチされるのが苦手なハンバーグ女子。人間関係では「合わない人」と「それ以外」という大きな箱で分けて考える傾向があり、面倒なことを避けようとするため、いきなり恋愛モードでグイグイ迫ると「合わない人」の箱に入れられてしまいかねません。

ハンバーグ女子を好きになったら、まずは趣味や価値観が合う、好感度の高い男友だちになることを目指して下さい。濃厚なコミュニケーションを「重い」と感じやすいので、電話や長文メールではなく、LINEやFacebookメッセージなど、スタンプを交えたライトなコミュニケーションで少しずつ距離を詰めていきましょう。

少しそっけなく感じたり、返信が遅くても落ち込む必要はありません。その高くはないテンションやのんびりとしたペースが、ハンバーグ女子の良さでもあるからです。

ハンバーグ女子は直感派ではないので、友情から恋愛への変化はグラデーション的。それゆえ、長期戦になることもあるかもしれませんが、個人的に連絡を取り合えているということは、嫌われてはいないということ。

朗らかながら人間関係にはシビアなところもあるハンバーグ女子の、恋愛対象になりうる範疇にいると思ってのんびりと構えておいたほうが良いでしょう。

ハンバーグ女子とのデート

友だちの延長線上に恋愛があることが多いハンバーグ女子。初デートは、「友だちとして一緒にご飯を食べる」「イベントの買い出し」といった、恋愛の匂いがしないデートになるかもしれません。

あまりデートっぽくない雰囲気の中で距離を詰めていくためには、重い荷物や大きな荷物を率先して持ったり、歩き疲れてないか気遣うなど、男としての懐の深さをさりげなくアピールしていくことが最善策。

ハンバーグ女子は、どこに行って何を食べさせてもらったかを重要視しない代わりに、一緒に過ごす時間の心地良さ、会話の楽しさを重視します。また、その場で臨機応変に決める柔軟性に魅力を感じるので、食事をする場所やデートスポットなどは、いくつか選択肢を用意しておいて、選ばせてあげるのが良いでしょう。

屋外型グルメイベントやフリーマーケット、ボルダリングなどの話題のスポットなど、お金を掛ける派手な遊びでなくても、二人の関係性が良好であれば楽しんでくれるはずです。

財布を開くことに抵抗がないハンバーグ女子ですが、10円単位のワリカンは相手の小ささを感じてしまってドン引きしてしまいかねません。端数だけ出してもらうか、1000円単位でのワリカン、いっそ交互に支払うようにするなど、お互いの経済状況に合わせた支払い方を探る必要があります。

ハンバーグ女子と記念日

毎回派手なデートを望むわけではないハンバーグ女子ですが、誕生日やホワイトデー、クリスマスなどの記念日は多少なりとも意識します。

基本的にはキラキラしたものへの憧れは薄いハンバーグ女子ですが、記念日に外食をするなら、普段の会話や、眺めている雑誌から、行ってみたいと思っていそうなお店をリサーチしておくと良いでしょう。

プレゼントは、身に着けるものへのこだわりが強いので、先にリクエストを聞いておくか、一緒に買いに行くのが無難です。大がかりなサプライズを望んではいないものの、ちょっとしたサプライズがあればやっぱり嬉しいもの。後々、「あの時は嬉しかった」と反すうして喜んでくれるので、仕掛けない手はありません。

プレゼントとは別に渡される、小さな花束やメッセージカードなどは、嬉しさを底上げしてくれるアイテムなので、余裕があれば是非渡してあげてください。

ハンバーグ女子を攻略するなら同じテンションで!

人間関係のゴタゴタを嫌うハンバーグ女子は、恋愛でも面倒なことを避けようとします。そのため、火種をまき散らすようなトラブル男は避けられます。

逆に、感情の起伏が少ない、自分と似たようなタイプの男性は、ハンバーグ女子の好みのタイプ。ハンバーグ女子を好きになったら、まずは彼女の性格や行動を真似てみると良いかもしれません。

それが難しそうであれば、「のんびりした優しいお父さん」になったつもりで接してみてください。自然とハンバーグ女子が惹かれやすい男性に近づいていくはずですよ。
(文:相沢 あい)

あなたにおすすめ