Mの魂を注入した5シリーズの特別仕様車が登場。2019年はBMWが熱い!

IGNITE

2018/11/7 19:00


少し気が早いかもしれないが、来たる2019年はBMWにとって充実の年になりそうだ。すでに日本の公式サイトで予告されている「X7」と「8シリーズ カブリオレ」に加え、生まれ変わった「Z4」「3シリーズ」といった大物の登場にも期待していいだろう。



もちろんボディタイプやパワートレーンに関わらず、BMWの真髄はダイナミックなスタイリングやイメージそのままの優れた運動性能にある。そして10月21日、そんな“らしさ”を強調した特別仕様車「M Spirit」が、5シリーズセダン/ツーリングに設定された。

現行5シリーズは昨年デビューした第7世代。最先端の運転支援システムを採用しながら、従来から最大100kgの軽量化と高剛性化を実現したシャシーや、パワフルかつ高効率なパワートレーンによって、走りの実力を昇華させた。



また、7シリーズ譲りのモダンかつスポーティな内外装や、ガソリン・ディーゼル・PHVが揃う豊富なラインアップなど、アッパーミドルクラスを代表する1台として全方位にわたって高い実力が与えられている。



今回の「523i M Spirit(695万円)」と「523d ツーリング M Spirit(765万円)」は、BMWらしいスポーティさを際立たせながら、運転支援システムや価格面での魅力を増したモデルになる。

前者はセダン×ガソリン(184ps/290Nm)、後者はツーリング×ディーゼル(190ps/400Nm)という組み合わせ。



両モデルともに、スポーティな外装やM Sportサスペンション、専用ステアリングを含むM Sportパッケージを採用するとともに、18インチのアルミホイールを装備する。また、ヘッドアップ・ディスプレイや高度な運転支援を実現するドライビングアシスト・プラスも標準装備する。

ビジネスシーンにおいてもレジャーシーンにおいても、その姿はアスリートのように躍動的だ。

(zlatan)

画像元:BMWジャパン

あなたにおすすめ