「キムタク」に指示を出し、タクシーで偽1万円使用 逮捕の男に呆れの声相次ぐ

しらべぇ

2018/11/7 18:40

(Andrea Zangrilli/iStock/Getty Images Plus)
警視庁捜査2課は、タクシー運賃の支払いで偽造した一万円札を使ったとして偽造通貨行使の容疑で、住所・職業不詳の男(33)を逮捕したと発表。

犯行の稚拙さと、思わぬ人物の名前に、注目が集まっている。

■お釣りをふたりで分ける


FNNニュース」によると、男は今年6月、板橋区でタクシーの料金を支払う際に、偽の1万円札を使った疑いがある。

そして、この事件には共犯が。すでに逮捕・起訴されている、キャバクラ店の元従業員の男(27)だ。男は元キャバクラ従業員の自宅で偽の1万円札印刷すると、指示を出し、タクシーで使わせていた。お釣り9000円のうち、男が5000円を受け取っていたという。

■稚拙な犯行に呆れ


この報道に対し、ネット上では反応の稚拙さに呆れる人が続出。

・なんて稚拙な犯行なんだ

・リスクおかして9000円、さらにそれを分けるって…

・じっ自宅で印刷っ?? タクシーだと夜は薄暗いからばれなかったのかな…

・すぐバレるのに愚かだね、日本の紙幣は偽造対策でトップクラス

■「キムタクに指示」に反応する人も


なお、逮捕された元キャバクラ店員の男の名前の読み仮名は「キムラタクヤ」だった。この結果、ネット上では「キムタクはパシリだったのか」「キムタクに指示を出したのか」などの声が。

・偽札のキムタク

・キムタクに指示を出したのか

・アレ? キムタクの共犯者

・キムラタクヤに指示を出していたのか

■お金は額に汗して稼ぐべき?


しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,357名に「金儲けについて」の調査を実施。その結果、「お金は額に汗して稼ぐべきだ」と考えている人は全体の59.0%だった。

(©ニュースサイトしらべぇ)

また、この数値は年代があがるほど高くなることも判明。

「自宅のプリンターで両面コピー」「それを録画機器のあるタクシーで使用」という犯行内容を見るに、幸いにも犯罪のセンスもなさそうな今回の案件。今後はしっかり反省し、真面目に働いてお金を稼いでいくことを強く勧めたい。

・合わせて読みたい→1万円札偽造で逮捕された元キャバクラ店員の男 「キムタク罪」の声があがるワケ

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

あなたにおすすめ